まるで緑の花!「オオカサゴケ」の採取と育て方・増やし方

見た目はまるで花のような形
本当に苔?と思いたくなるほど、苔のイメージとはかけ離れた姿をしているのが「オオカサゴケ」です。

苔テラリウムでは高さのある苔なので、景観作りに欠かせないものとなっています。
天然のオオカサゴケにはなかなかお目にかかれないほど希少性が高まり、近縁種である「カサゴケモドキ」は環境省の絶滅危惧Ⅱ種に登録されました。

そんな希少性の高いオオカサゴケについて詳しく説明します。

オオカサゴケを学術的に説明すると

オオカサゴケの全体像
生体分類はハリガネゴケ科カサゴケ属オオカサゴケ。
茎の下部分が土に埋もれた「地下茎」になることが特徴で、地中から直立茎を伸ばして立ち上がります。

茎の長さは6~8㎝程度。
葉の長さは1~2㎝程度。

葉の色味は比較的濃い目の緑ですが、葉が薄くやや透き通っています。

乾燥すると、傘を閉じたように葉を閉じて縮れます。

分布する場所

分布する場所
日陰地の山の斜面や、腐葉土が溜まったような場所に見られます。
高い空中湿度を好み、乾燥には極端に弱いのが特徴です。
湿潤した場所を場所を好むため、渓流沿いや水が滴るような斜面に生えることも多いです。

生育が遅く、湿潤状態を保たなければいけないので、庭のグランドカバーには不向きだと言えます。

採取方法

オオカサゴケの採取方法
地下茎で増えるため、地下茎ごと増やしたい場所に移植するのが◎。
環境が合えば梅雨明け時期頃より新芽が活発に増えるものの、乾燥や日当たりなどの条件により育たないケースも少なくないです。

採取したオオカサゴケはその地下茎についている土ごと日陰地で湿潤環境を維持できる場所を選んで植え付けします。
横に走る地下茎は近くに生えるオオカサゴケと繋がっていることが多いため、広い範囲で深めに採取することがポイントです。

スポンサードリンク

育て方

オオカサゴケの育て方
とにかく乾燥に弱い苔であるため、常に湿っているような環境を用意することをおすすめします。
紫外線にも弱いため、日陰~半日陰がベスト。

鉢植えの場合にはこまめに水を与え、土が乾かないのを目安にします。
苔テラリウムで蓋付き容器で育てる場合にはそんなに神経質になる必要はないですが、窓際に置くとあっという間にムレで死んでしまうこともあるので、部屋の真ん中など直接日差しが当たらない場所を選んでおきます。

暑い時期には瓶の中がムレてしまうので、玄関、トイレなど涼しい場所に置きましょう。

増やし方

オオカサゴケの増やし方
地下茎で増えるのですが、生育は遅めです。
ただし、新芽が出てからの成長は早くなります。

基本的には地下茎をカットして移植する株分けのような方法で増やすのが簡単です。
撒きゴケでも増えるという記述を目にしますが、個人的には撒き苔法で増やせた経験がありません。
(環境に合わなかったという理由かもしれませんが)

朔柄を付けることは稀です。

管理人が偏見と独断で選ぶ、オオカサゴケの最もオススメの利用法は

オオカサゴケの鑑賞方法
これはたぶん、満場一致で苔テラリウムではないでしょうか。
見た目の美しさを最大限に楽しむことができます。
さらに、乾燥に極端に弱く手のかかるオオカサゴケですが、苔テラリウムとして蓋付きの瓶に入れてしまうと驚くほどその元気を維持できます。

大き目のテラリウム容器で生育していると、オオカサゴケの新芽から新たなオオカサゴケの成長を見られることもしばしばです。

高湿度を好むため、水中化もよく試みられますし成功率も高め。
ただし、水中化により生育が活発になるこということはなく、大体において葉が小さくなるというのが多いようです。
半透明の葉を水中化して楽しむのも美しいですが、苔のダメージを考えるとやはり苔テラリウムがベストと考えます。

なかなか自然の中ではお目にかかれないオオカサゴケですが、もし出会った暁にはその美しさを存分に楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

希少!羽根のように美しい「ホウオウゴケ」の採取と育て方・増やし方

山間部の水辺や渓流沿い、水の滴る岩上などに自生するホウオウゴケ

名前の通り、透き通る美しい羽根のようなその姿はファンならば垂涎ものです。
ただし流通数は少なく、入手が困難なのが難点でもあります。

今日はそんな「ホウオウゴケ」についてまとめていきたいと思います。

ホウオウゴケを学術的に説明すると

ホウオウゴケ1
生体分類はシッポゴケ目ホウオウゴケ科ホウオウゴケ属ホウオウゴケ。
同じ属性にトサカホウオウゴケヒメホウオウゴケがあります。

長さは数センチから10cmほどになるやや大形のコケ。
茎を挟んで左右対称に葉がつきます。
葉はやや透明で、緑は濃い目のものが多いです。

乾燥に弱く、乾燥を感じると葉が黄色く変色します。

分布する場所

ホウオウゴケが分布する場所

分布は日本全土ですが、山間部の湿気の多い渓流沿いや、水が滴る岩上を好むためごく限られた場所にのみ自生しています。
販売されているものはおもにアクアリウムショップなどで若干の取り扱いがあります。

水中でも育つことができるため、アクアリウムの水草としての愛用者も多いです。
アクアリウムでは「ウォーターフェザー」の名前で親しまれています。

世界的には東アジア、東南アジア、フィジーなどで確認されています。

採取方法

ホウオウゴケの採取方法

自生しやすい水辺を探すか、山間の常に湿り気を帯びているような岩上や崖上を探すと見つけられます。
一種でコロニーを作っていることは珍しく、大体はハイゴケなどと混在しているため、探すのが容易ではありません。

崖上であれば、岩から少し葉先を浮かせて自生しているので、それを目印に探すといいでしょう。

仮根は短め。
採取は岩上からコロニーごと引き剥がすように移植ゴテなどを使用して採取します。

育て方

ホウオウゴケの育て方

多湿を好む種類のため、テラリウムであれば、口の狭いものか、蓋付きがおすすめ。
アクアリウムでも適応性が高く、炭や木などに活着させて水中化することも多いです。
水中化させる場合には二酸化炭素を添加すると活着しやすく、元気な状態を維持できます。

半日陰を好むものが多いため、直射日光は避け、霧吹きなどでまめに水分を与えるようにします。
高湿度を保て、環境に馴染めば長くその生育を楽しむことができます。

ただし、夏の高温により蒸れが生じると葉が黄色く変色してしまうこともあります。
30度以上の高温には晒さないように注意が必要です。

増やし方

ホウオウゴケの増やし方
基本的には自然繁殖を待ちますが、やや生育の遅い苔でもあります。
環境があれば移植法で増やすこともおすすめです。

大量に繁殖させて、苔庭などに使う場合にはかなり環境が限定されるため、難しい場合がほとんどです。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ホウオウゴケの最もオススメの利用法は

ホウオウゴケの苔テラリウム
アクアリウム、または蓋付きの苔テラリウムとして楽しむのがおすすめです。

アクアリウムの場合、溶岩石などに輪ゴムを巻き付け、その間にホウオウゴケを挟んで水中化します。
二酸化炭素を添加することで、鮮やかなモスグリーンを楽しむことができます。

活着は比較的ゆっくりです。
新芽が出てきて、それが岩に活着することの方が多いように思います。

テラリウムで育てる場合には、高温と蒸れを避け、なるべくこまめに霧吹きで水を与えるようにしましょう。
葉が常に湿っているようにツヤツヤしている状態がベストです。

直射日光は与えず、室内管理の場合には部屋中央付近に置くようにします。
乾燥にも弱いので、風が直接当たらないように注意が必要です。

半透明の美しいグリーンが濡れて艶めく姿がとても美しいホウオウゴケ。
ぜひ、その美しさを身近で楽しんでみませんか?

おしゃれ女子発!ジワジワ人気の「ミニチュア苔アート」って何?

メディアだけではなく、SNSでも何かと取り上げられることの多くなった

都内でも度々苔テラリウム関連のワークショップが行われています↓

お部屋の中に緑を置いておくと確かに癒されます。

苔はほとんど手が掛からないのに、いつだって美しい「モスグリーン」を楽しめるのが魅力ですね。
丈夫というか、例え苔が千切れても、そこから無性芽によって再生することも可能。
不死身の強さを苔は感じさせてくれます。

また、さりげなく苔は四季の変化を感じさせてくれます。
朔という胞子が入った玉を付けたり、急にグリーンが元気になったり。

とまぁ、そんなこんなで苔の魅力にハマる人(主に女子)が急増した昨今。

苔をベースとしたアートがじわじわ来てます。
主にミニチュアのフィギュアを使ったものが人気です。

今日はそんな苔アートをご紹介したいと思います。

ミニチュア苔アートってどんなもの?

まずはミニチュア苔アートを見てみましょう↓

mosscoさん(@moss_mossco)が投稿した写真

mosscoさん(@moss_mossco)が投稿した写真

mosscoさん(@moss_mossco)が投稿した写真

mosscoさん(@moss_mossco)が投稿した写真

オープンな容器だったり、ガラス瓶の中だったり。
自生している苔そのものに、ちょこんとフィギュアをのせただけの場合も。

このように型にハマらないで楽しむことができるのがミニチュアを使った苔アートの面白さだと思います。

のせるだけで世界観が出る!ミニチュア苔アートの作り方

ミニチュア苔アートに必要なものは以下の通り。

・苔
・容器(必要に応じて)
・ミニチュア

野外で自生している苔を使用する場合には、容器は必要ありません。

ミニチュアはどんなものを選ぶか

苔を舞台に世界観を出すために、ミニチュアは重要な存在。

苔の量に対してミニチュアが大きすぎると雰囲気が出ません。

個人的におすすめのサイズは2㎝程度↓
ミニチュアサイズ

私が愛用しているミニチュアのフィギュアはプライザーというドイツメーカーのもの。
精巧な作りで動きも多彩なため、たった一つ、ちょこんとのせるだけで雰囲気が出ます。

サイズは1/87のものがちょうどいいです。

ただし、プライザーのミニチュアはけっこうなお値段。
1体で1,000円以上するものもあります。

ということで、数が欲しい!という場合には未塗装のものを購入して、自分で色を塗るのがお得かもしれません。

未塗装のプライザー↓
未塗装のプライザー

未塗装であれば120体で5,000円前後
ヤフオクなどであれば3,000円前後と掘り出し価格を見つけることもあります。

色々なミニチュアを使って自分だけの独特な世界観を演出するのもミニチュア苔アートの醍醐味ですね。

塗料は何を選ぶ?

ミニチュアを塗る塗料は?
個人的に愛用しているのはこちらの「Mr.Color」。
発色もいいし、コスパもいいんです。
1個あたり、200円前後。
10ml入っていますが、ミニチュアを塗るだけなら相当もちます。

薄め液は必需品↓
ミスターカラー薄め液

塗料が固まってきた時などにスポイトでちょっと垂らす、筆を洗う時などに活用しています。

筆はこちら↓
ミニチュアを塗る筆
筆はタミヤのベーシック3本セットを愛用しています。

1/87のミニチュアであれば、ほとんど極細の筆しか使いません。
ネイルアートする女子であれば、100均で売っている極細のネイル用使い捨ての筆なんかもおすすめです。

あとは難しいことを考えずただひたすら塗る

ミニチュアの塗り方
単純でありながら緻密な作業なので、没頭できます。
日々の嫌なこと、ストレスから解放される瞬間が体験できるかも( *´艸`)

ちなみに色の薄い部分、主に顔や手など肌色の部分から何体かまとめて塗ると効率的です。

オリジナルとは違う趣を楽しめます

プライザーオリジナルカラー
なんともセクシーな女性。

オリジナルの色合いもとても素敵だと思うのですが、おしゃれ女子であれば
このデニムにこの色は無いわ~」と思うものもあるかもしれません。

若干、おじさんカラー(渋め)なのが魅力でもあるのですが、
カラフルに仕上げたかったり、配色に個性を出したい方なら、自分で塗るのが一番!

自分が納得のいくカラーでぜひミニチュアを塗ってあげてください♡

苔とミニチュアをコラボさせる楽しみ・まとめ

苔
苔はとても静かな佇まい。
もちろんそれだけでも十分に魅力的なのですが、そこにミニチュアを乗せるだけでさらに世界観が広がります。
自分だけの世界を苔とコラボさせて楽しんでみませんか?

苔の育て方を知りたい時に手に取るべきおすすめの本4選!

苔を楽しむ方が増えてきていますね。
育ててみて、身近にある苔がこんなに不思議で面白いものだったなんて!と感動された方も少なくないと思います。

苔は本当に不思議で面白くて、奥が深い―。
適切な環境さえ用意してあげられればほとんど手をかけなくても自力で空気中の水分や栄養素を吸いとり、生きていくだけの力を持つ苔。
その反面、普通の種子植物が好む直射日光や肥料などを嫌い、時には腐ってしまうこともあります。

一体どう育てたら正解なの・・・?
そんな風にお悩みになったらぜひ手に取って頂きたい本があります。

いずれも型苦しいものではなく、リラックスして楽しめるものばかりです。
苔ブームに乗って、数々の苔本が販売されていますが、その中でも特に私がイチオシと感じている本をご紹介したいと思います。

マニュアルが欲しいけど、どれを選んだらいいのか分からないという方の参考になりましたら幸いです。

苔の種類を知りたいならコレ

苔ボトル
「苔ボトル」育てる 楽しむ 癒しのコケ図鑑
写真/佐々木浩之 文/戸津健治
電波実験社
2015年8月1日初版発行
定価:1,500円+税

こちらは苔の種類を色々知りたい、自分で道端の苔の種類を見分けたいという方におすすめの一冊です。

第3章で紹介する「日本に自生する苔図鑑」では詳細で大きな写真付きで37種類の苔を紹介しています。
説明文は端的で短いものですが、写真が苔の特徴をよく捉えているため、苔の見分けには役立ちます。

苔ボトル

また、「苔ボトル」というタイトルにあるように、苔テラリウムについてもご紹介しています。

いずれもとてもシンプルなものですが、土の選び方、ボトルに入れる順番などが詳しく手順写真付きで紹介されているため、これから苔テラリウムに挑戦してみたいという入門書になってくれると思います。

ただ、気になる点としては若干の誤字があります。
外山忍苔を「富山忍苔」と書いていたり・・・。

”コケにとってベストな環境は「渓流域」”と苔の種類を丸無視した見出しなどもう~ん・・・。

苔好きさん、トヤマシノブゴケ好きさん、または外山博士の努力を知る方にとっては、「え、この人って本当に苔に詳しいの?」と疑いたくなる部分も少なからずあります。

外山博士って誰?外山忍苔とどんな関係?と思った方はこちら

ですが、写真に関しては本当に素晴らしいです。
テラリウムの作り方もほぼ間違いないと思います。
苔テラリウムの作り方

ただ、メンテナンス部分については巻頭にまとめて書いてあるだけなので、苔の種類別で育て方を知りたいという方にはおすすめしません。

すすめているのか、そうじゃないのか分からない文章になってしまいました、すみません。
でも、写真は本当にいいですよ。

苔図鑑としても優秀です!

苔の生態をもっと詳しく知りたい!ならコレ

コケの不思議
コケのふしぎ
著者:樋口正信
サイエンス・アイ新書
2013年6月25日 初版第1刷発行
定価:1,188円

国立科学博物館の植物研究部・陸上植物研究グループで植物系統分類学(コケ植物)の分野で活躍されている博士の著書。
とにかく苔の生態についてこれでもか!というくらいわかりやすく説明してくれています。

苔、という大きなひとくくりではなく苔の種類を明記した上でその特徴を記載しているため、種類ごとの生態系を完璧といかないまでも理解することができます。

どうやって苔は増えるのか?
どうやって栄養を取り込み、繁殖を続けるのか。
苔が死ぬってどういうことなのか。
コケのふしぎ

苔を科学的に理解したい方にはぴったりの一冊です。
藻と苔が分別できないとお悩みなら、一度手にしてみるといいかもしれません。

苔+他の植物で楽しみたいのならコレ

苔のある生活
苔のある生活
監修者:大島恵・木村日出資
日東書院
2013年3月20日初版第1刷発行
定価:1,620円 

盆栽屋さんが書いた本だけに、盆栽テイストが強い趣向ですが、他の植物との寄せ植えで苔を楽しみたい方におすすめ。
盆栽といっても、苔盆なので苔に脇役感がありません。
器もシックで趣があるけれど、決して「古い」「骨董」などの雰囲気ではなく、世代を問わずおしゃれ感を感じることができると思います。
苔のある生活

本書で紹介されている「苔テラリウム」は水槽を利用した大がかりなもの。
ここまでしなくても苔テラリウムは十分楽しむことができるので、「こういうのもあるんだな」と思っていただけるといいかと思います。

テラリウムにフィギュアを置きたいのならコレ

小さな緑の世界 テラリウムをつくろう
小さな緑の世界 テラリウムをつくろう
著者:ミシェル・インシアラーノ・ケイティ・マスロウ
草思社
2015年2月26日第1刷 発行
定価:2,300円+税

苔テラリウムにフィギュアを上手に配置してもっと面白くて独創的な世界観を作り上げたい―。
そんな風に考える方にぜひ手にとって頂きたい一冊。

ニューヨークのブルックリンで「トゥイッグ・テラリウム」という苔テラリウム専門の会社を経営する二人が出版したもの。
思わずうっとりしてしまったり、ぷっと吹き出しそうになったりと、そこにはもう別の世界が存在しているように感じます。

紹介しているデザインは斬新というよりはスタンダードなものかもしれませんが、そこから先の独創的な世界観はあなた次第というのが伝わります。

私はこの本が大好きです。
苔テラリウムを作りたくなると必ずこの本を開きます。

小さな緑の世界 テラリウムをつくろう

この本にある世界観をそのまま真似するのではなく、ここからヒントを得て、全然違うものを作るのが楽しいのです。

ちなみにここで使われている多くのフィギュアはドイツの老舗フィギュアメーカー「プライザー」のもの。
高品質で、ユーモアがあり私も愛用しています。

苔本のまとめ

いかがでしたでしょうか。
参考になる一冊がありましたら幸いです。

苔は身近で丈夫で育てやすい植物です。
なのに突如、とてもデリケートな一面をみせることもあります。

小さな物言わぬエイリアン。
私は苔をそんな風に考えたりもします。

そんなかわいくて不思議な苔との関係をさらに深めてくれる一冊が見つかることを願っています。