苔の魅せる四季はのんびり♪苔の1年を知ろう

いつも美しい緑を見せてくれる苔ですが、
この苔も一年を通してちゃんと変化があるのをご存知ですか?

花や草、木のようにハッキリと分かりやすい変化ではないのですが、毎日見ていればちゃんと気が付くことができる美しい命の営みがそこにはあります。

ここでは苔の1年をまとめてみました。

冬 12月~2月

苔の冬
ほとんどの苔は雪に覆われてしまう季節。
水分の多い苔は霜が降る時期に凍りつくこともあります。

雪が降らない場所でなら、寒さにより苔が赤茶色に変色していくのが見られることも。
スギゴケやスナゴケでは特に顕著に赤く変色していきます。

この時期は生育はストップ
コロニー形成はおろか、苔自体の伸びも止まります。

他の植物にも共通していることですが、冬は苔にとっても「休息の季節」だと言えます。
でも、一つ苔が他の植物と違う点があるとすれば、それは「枯れない」ということ。

凍っても、寒風に晒されて赤茶色に変色しても、一切の水を与えられず葉がくるくるに縮んでも苔は死んではいません。
眠っているだけです。

水を上げなかったシッポゴケ
上記は乾燥したシッポゴケ。
完全に茶色く変色した部分はやがて、地に落ちるとそこから無性芽が伸びてきます。

撒き苔法はこの方法を応用したものです。

春 3~6月

苔の春
苔は2月の下旬~3月にかけて秋頃から伸び始めていた朔柄の先端が膨らみ始めます。
いわゆる朔、胞子体の部分。
この中には苔の胞子がたくさん作られています。

この朔が特徴的なのはタマゴケ。

寒い時期にはまだスッととんがっているだけの朔が次第に丸くなり、次第に風船のような形状に変化していきます。
さらに成熟が進むと玉の中心から茶色く変色していきます。

スポンサードリンク

最後にはこの朔が破れて胞子体が放出されるように。
冬のタマゴケ
真冬のタマゴケ↑
見えにくいですが、細筆のような朔がたくさんついています。
タマゴケの朔アート
タマゴケの朔アート
3月。タマゴケの朔が丸く膨らみました↑
この時期、こんなアートを楽しめます( *´艸`)
タマゴケの成熟が進む
タマゴケの成熟が進み、「目玉の親父」状態に↑
さらに成熟が進むと、朔全体が茶色く変化し、やがて破れます。

朔から胞子が放出され風に乗って繁殖します。

これと同時進行で行われるのが新しい造精器と造卵器の成長。
苔は雌雄異種。

雄植物と雌植物の配偶体に、それぞれ造精器と造卵器を作り、5月~6月に受精が行われます。
結果、胞子体が出来て、朔柄が伸び、胞子散布に繋がるのです。

夏 7月~9月

苔の夏
適した環境にある苔にとって、夏は生育時期になります。
適度な水分と光合成により一年で一番成長が進む時期になります。

ただし、強すぎる日差しや蒸れは苔にとって大敵。
長時間の蒸れは苔にとって乾燥や凍結よりもダメージが大きいです。

最悪の場合、黒く変色したり溶けたような状態となり、丈夫な苔でも死んでしまうこともあります。
一番の生育時期ですが、環境が合わない場合には苔にとって最も過酷な時期になることも。

秋 10~11月

苔の秋
秋には、受精した若い胞子体が造卵器の上で成長し始めます。
胞子はなるべく高いところからの散布が有利であるため、朔柄をどんどん伸ばしていきます。

この時期には朔柄の成長にエネルギーが使われるためか、苔のコロニー形成自体は少し緩やかになっていきます。
11月下旬頃には朔柄の形成は終了し、寒い冬が過ぎるのを待って朔の成熟が始まります。

苔には花も紅葉もないけれど

苔は小さくて、一見地味な植物かもしれません。

しかし、朔の美しさや面白さは他の植物では見られないもの。
また、苔の種類によってはその生育過程でまるで花が咲いたように見えるものもあります。

代表的なところで言えば、ウマスギゴケの雄花盤はまるで小さな花のようです↓
スギゴケの雄株

冬には赤茶色に変色したり、朔の色も多彩に変化する苔もあります。
小さくて見逃しやすい苔ですが、じっとその世界を見つめていると思わぬ発見が訪れます。

苔による四季の移ろいをぜひ、ご自身で感じてみませんか?

スポンサードリンク

小さな森、苔テラリウムはガラスの容器だけ?容器選びのポイント

苔テラリウム。
湿気と太陽の光があれば、冬でも鮮やかな緑色で私たちの目を楽しませてくれる存在―。
庭植えの苔は雪に埋もれても、家の中に置いておけば、いつまでも美しい緑でいてくれる・・・。

のはずですが。

苔は家の中で育てる場合、容器選びによってその手間が大きく異なります。
一体どんな容器を選んだらいいのか。
容器ごとのメリットデメリットをまとめます。

蓋付きガラス容器

電球型の苔テラリウム
苔テラリウムと言えば、この「蓋付きガラス容器」が最もポピュラーだと思います。

森や芝生をイメージしてボトルの中に作られるテラリウムはまさに小さな森。
とはいえ、他にも透明で扱いやすい容器ってたくさんありますよね。
なのになぜ苔テラリウムに蓋付きガラスの容器が多用されるのでしょうか。

蓋付きガラス容器のメリット

蓋付きガラス容器のメリット

お手入れが簡単

蓋付きのガラス容器は一定の湿度を維持できます。
ボトル内では苔や土が水分を蒸散させ、それをまた土と苔が吸収します。
この循環がボトル内で起こることで、2週間~4週間も水分を与えずとも苔は元気に生育することができるのです。

さらに経験上、プラスチック容器はとても結露しやすかったです。
素材による熱伝導の差だと思いますが、その点ガラスの容器は外気と内部の温度差が起こりにくく、結露が発生しにくくなります。

透明度が高くテラリウム向き

ガラスの種類にもよりますが、プラスチックと比べると透明度が高く、鑑賞に向いています。

インテリア性が高い

プラスチックでもおしゃれな容器はありますが、多くの場合ガラス容器の方がインテリア性が高くスマートな雰囲気に仕上がります。(個人的な感想かもしれませんが^^;)

蓋付きガラス容器のデメリット

蓋付きガラス容器のデメリット

苔を触れない

オープンな容器と違い、蓋付きガラス容器の場合は、基本的には苔を触るのには向かないと思います。
苔の柔らかな手触りを楽しみたい方には向かないかもしれません。

苔の臭いを楽しめない

苔の多くはほんのりと土の香りがあります。
ジャゴケだと、なんとマツタケや松脂のような香りを楽しむことができます。

オープンな容器に入れておけば、ふと顔を近づけた際にその香りを楽しむことができますが、蓋付きの容器だとわざわざ蓋を開けて、くんくんと臭いを嗅がない限り分かりません。

破損の恐れがある

ガラスという性質上、仕方のない部分ではあります。
苔テラリウムはピンセットを使って精巧に作ることが多いですが、うっかり落としてしまうとせっかくの精巧な苔テラリウムが一瞬にして損なわれてしまうことに。

蓋なしオープンな容器のメリット

蓋なしオープン容器のメリット
それでは次に「蓋なしのオープンな容器」のメリットについてまとめます。
蓋なしのオープンな容器というのは、鉢やお皿、ガラス容器であっても口の口径が広いものなどを指します。

苔に触れる、嗅ぐことでより身近に感じられる

オープンな容器であればいつでも触れ、臭いを嗅ぐことができます。
蓋付きのガラス容器に入れてる時よりも、ずっと苔の小さな変化に気が付くことができるでしょう。

苔の成長を早めることができる

これまで苔を生育してきた経験上、苔はガラス容器に入れて生育する場合に比べ、オープンな容器で生育させた方が成長が早まります。
ほふく性のある苔は容器を超えてさらにほふくする姿を見せる場合も。
また、屋外の場合には無性芽が容器外に飛び、容器の周りにも苔が生えてくることもあります。
「苔むす感」を体感できるのはやはりオープンな容器や苔庭ならではですね。

蓋なしオープンな容器のデメリット

蓋なしオープン容器のデメリット

お手入れがやや大変

空気が乾燥していると多くの苔は葉が丸く縮れせっかくの美しい葉の色も茶色く変色したり、ツヤが失われてしまったりします。
庭苔であれば、それも自然の姿として受け止め、雨を待つことができるかもしれませんが、家の中での鑑賞用の場合、できるだけキレイな状態をキープしたいと思います。

この場合には、毎日たっぷりと葉と土台を湿られてあげる必要があるのです。
根から水分を吸いあげる種子植物と違い、苔の場合には土台だけ湿っていても、葉が縮れてしまうことがあります。
葉にも土台にもたっぷりと水分を上げる必要があります。

乾燥シーズンや暖房、エアコンなどを使う場合には一日に何度も霧吹きで水をかけてあげることもしばしばです。
(寒い場所に置くと葉の乾燥を遅らせることができます)

オープン容器で2~3日水を水をあげなかったタマゴケ(´・ω・`)↓
水を上げなかったタマゴケ

窓辺に1週間置いたカモジゴケ(´・ω・`)↓
水を上げなかったシッポゴケ

以上のことから、我が家の苔テラリウムのほとんどは蓋付きガラス容器で育てられています。
これなら、他の植物よりもずっと手が掛からずにその緑と成長を楽しむことができます。

ガラスなら何でもいいの?ガラス容器の選ぶコツ

100均で買える苔テラリウム向きのガラス瓶

苔テラリウムを始める際に、「どんなガラス容器にしたらいいか?」というご質問を良く頂きます。
ここでは苔テラリウムに向いているガラス容器・向いていないガラス容器についてまとめます。

無色透明がベスト

ガラス容器と言っても、透明度や着色の有無によって、向き不向きがあります。

茶色い遮光瓶の場合には、光を通さず苔は成長できません。
さらにせっかくの苔の緑が眺められないのも残念です。

ガラス容器は無色透明を基本とし、色がついていたとしてもわずかに水色程度のものを選ぶといいです。

口径がある程度広いものが作りやすい

苔にとっては口径が狭い方が、例え蓋を開けている場合でも内部の湿度が維持されやすく生育環境に向いていると言えます。
しかし、口径の狭いボトルでは、苔テラリウムを作るのも、メンテナンスする場合にも難易度が上がります。

専用の細いピンセットやハサミの用意が必要です。
苔テラリウムのビギナーさんなら、まずはある程度口径の広いものを選ぶとよいでしょう。
目安としては、口径が最低4㎝あると作業がしやすいです。

薄いガラスの方が結露しにくい

牛乳瓶のように厚みのあるガラスは外気と内部の温度差が生じやすく結露ができやすくなります。
そのため、できるだけ厚みの薄いガラスを選ぶようにするといいでしょう。

デザイン上、厚手のガラスを選ぶ際には結露を防止するために、
・寒い時期には暖かい室内の中央に設置する
・水やりの回数を減らす

などして様子をみてください。

苔テラリウム容器のまとめ

苔テラリウムのまとめ
いかがでしたでしょうか。
苔テラリウムはある程度のルールさえ守ればほとんどお手入れ要らずでいつまでも美しい葉を見せてくれます。
季節によっては朔を付けたり、胞子を飛ばしたりと「苔ならではの季節感」を楽しむことができるのも魅力です。

どんな容器でそれを楽しむのかを考えるのもまた楽しみの一つ。
私は100均の容器もよく使いますし、リサイクルガラスで苔テラリウムを楽しむのも大好きです。

テラリウム=テラリウム容器という概念を捨て、自分だけのオリジナル苔テラリウムを楽しんでみてはいかがでしょう。
丈夫でタフな苔だからこそ、自由にその世界観を楽しんでみてください♡

激カワ「ウサギゴケ」は苔ではなく食虫植物!育て方と苔コラボの方法

世の中にはけっこう「〇〇コケ」という名前の植物が存在します。

しかし、名前にコケを持ちながら実は全く苔の仲間ではないという植物がけっこういたりします。

最近ツイッターで話題になることも多い「ウサギゴケ」。
こちらも実は苔の仲間ではありません。

ウサギゴケはその容姿そのから生まれた通称です。
この植物の名前は「ウトリクラリア・サンダーソニー」といいます。

南アフリカ在来種の食虫植物
高度210~1200mの垂直な岩面に自生することで知られています。
また、自生する環境は湿地。

このような繁殖環境から「ウサギゴケ」という名前が付いたのかもしれません。

ウサギゴケの生態を詳しく知りたい


苔の仲間ではありませんが、確かにこの「ウサギゴケ」は見れば見るほど魅力的な植物であります。

茎~花まで5cm足らずの小さな植物ですが、花姿はしっかりウサギです。
長い耳、ふっくらした丸い体。
愛らしいウサギそのもの。

強いて言えば、ウサギの尻尾は丸いイメージですが、こちらは長い尻尾ですね(笑)
人気なのも頷けます。

また、こんなに可憐な姿でありながら実は「食虫植物」というギャップにも萌えます。

ウサギゴケは花ではなく根で食虫する

こんなに可愛いウサギゴケですが、食虫植物であるということを忘れてはいけません。
と言っても、ハエトリ草のように葉っぱで虫を素早くキャッチする、というワケではありません。

ウサギゴケが食虫するのは「」です。
ウサギゴケの根には小さな袋状の「捕虫器」があり、その中に線虫や小さな昆虫などを捕獲して養分に変えています。

地上では可憐な姿でありながら、見えない部分で怖いことをしているウサギゴケ。
ますます魅力的です( *´艸`)

ウサギゴケの育て方

南アフリカの在来種で、比較的高地の岩垂直な岩面に自生するウサギゴケ。
さぞかし育てるのが難しいかと思いきや、実は意外と簡単に育ちます。

実はニュージーランドではウサギゴケは侵略種として考えられています。
それほど強い繁殖力を持っているのです。
ウサギゴケは暖かい地域原産ですが、意外にも寒い日本でもほぼ一年中花を咲かせます。

耐性温度は5度~30度と幅広いです。
環境が合えば1年で株が5倍にもなるとされ、葉1枚でも土に植えれば再生します。

強靭で繁殖速度も速いとなれば、確かに侵略種になる可能性は大ですね。

湿った環境が何よりお好み


ウサギゴケは元々湿地で育ちます。
そのため、湿った環境が大好きです。

土は保水性のあるものを選ぶといいです。
苔玉とコラボさせてもよく育つので、赤玉土:ケト土=7:3でもOK。
ただ常に腰水(鉢の受け皿に常に3㎝くらい水を張っておく)をするほど水気を好むので、保水性と排水性のバランスが悪いと根腐れを起こしてしまうこともあります。

おすすめは「ピートモス:鹿沼土(細粒):赤玉土:くん炭=3:3:3:1」くらいの配分。
ウサギゴケの周囲にはミズゴケを敷いてあげるとほぼ問題なく育ちます。

ミズゴケは水を張ったボールに5分以上浸し、軽く絞ったものを周囲に置いていくだけでOKです。

腰水は1週間に1度は交換しましょう。
交換のタイミングで、鉢下から水があふれるくらいたっぷり水をかけてあげましょう。
根腐れ防止になります。

繁殖が早いので、小さい号数の鉢であればすぐにいっぱいになってしまいます。
鉢いっぱいにウサギゴケが広がったら、4等分にカットして、鉢を分けましょう。

植え付けも上記と同じ土でOKです。

キュートなウサギゴケと苔はコラボできる?

コケという名でありながら苔ではないウサギゴケ。
本物のと一緒に植えることはできるのでしょうか?

ウサギゴケはかなり湿気を好む種なので、苔との相性は決して悪くありません。
しかし、苔の中でも比較的強い湿気を好むものでないと、苔の方がダメージを受けてしまいます。

ウサギゴケと一緒に植えるのであれば「ハイゴケ」や「ミズゴケ」「スギゴケ」「スナゴケ」などの苔がおすすめです。

オープンな容器に入れるのであれば、こまめに霧吹きで水分を与えてあげるとどちらも元気に育ちます。
ウサギゴケは太陽の光が大好きです。

窓際に置く際には、乾燥をさせないように口の狭い瓶などに植えてもいいでしょう。
温度が上がりすぎないように、レース越しの日差しにするなど、環境に合わせて調整してみてください。

実はまだまだある!〇〇コケという名の苔じゃないヤツ

実は名前に「コケ」が付きながら本当はコケの仲間じゃないものってけっこうたくさんあります。

食虫植物「モウセンゴケ」


こちらは種子植物の一種。
全身にちりばめられているトゲトゲから粘液を出し、小さな虫をくっつけて捕獲する食虫植物です。
やはり湿地を好むことから、コケという名がついたのかもしれません。

シダ植物「クラマゴケ」


こちらはシダ植物
このクラマゴケに似た苔があり、その名が「クラマゴケモドキ」。
本当の苔類はクラマゴケモドキなのに、逆にモドキを名乗らなければならないこの切なさ。
複雑ですね・・・。

シダ類「ゼニゴケシダ」

ゼニゴケシダ
出典:Wikipedia
こちらは苔類の中のタイ類の仲間「ゼニゴケ」にそっくりなシダ類です。

他にもまだまだ様々な「〇〇コケ」は存在します。
一体どんな気持ちで昔の人はコケでもない植物に「コケ」と名付けてしまったのか・・・。

ぜひ身近なコケ違いを発見して楽しんでみてくださいね!

苔の効果は癒しだけじゃない!食べ方から使い方まで詳しく解明!

苔を家に置いておく理由―。
それは主に「癒されるから」ではないでしょうか。

しかし、苔にはとても実用的な一面もあります。
今回、それをTVで特集した番組がありました。

それが「所さんの目がテン!」です。
大人気「苔」の新事実と題して始まったこの番組では、「癒し」として人気の苔をさらに掘り下げて様々に活用していました。
今日はそんな番組をなぞりながら、隠された苔の魅力をお伝えしていきたいと思います。

今、苔が人気沸騰中なんだって

苔テラリウム

番組冒頭で紹介されたのはキレイ目女子が集う「苔テラリウム」作成中の映像。
皆さん、思い思いの苔テラリウムを作成されていました。

今、苔はアートとして密に人気が高まっているんだそうですよ。

アンガールズの田中さんは10年来の苔好き

アンガールズの田中さんは苔好き

お笑い芸人のアンガールズ田中さんは10年以上前から苔を育ててるそうです。
ちなみに好きな苔は「キダチヒラゴケ」↓
キダチヒラゴケ
出典:http://www.forest.kyushu-u.ac.jp/photo/miyazaki/db-image/image02140.jpg

ひらっとした羽毛みたいな苔。
私は図鑑でしかみたことがありません。
準絶滅危惧種に指定されている希少性の高い苔です。

嫌いな苔は「ゼニゴケ」なんだとか↓
ゼニゴケ

ゼニゴケは苔の中でも人気薄ですね・・・。
ゼニゴケのつける杯状体はなかなかかわいいと思いますが・・・(´・ω・`)

オフィシャルブログでも苔画像を紹介したりされてます。
そんな田中さんも一緒に苔寺を訪れ、苔の観察方法をご紹介していました。

ルーペがあると苔の世界観が広がるんですって。
確かに、苔観察にルーペは持参しています。

必須アイテムとまでは思いませんが、小さな世界を拡大することで気が付かなかった魅力に気づくこともあるかもしれません。

苔の持つ「癒し」以外の効果とは

苔の持つ消臭効果とは

苔は植物の代表格である「種子植物」と異なり、根から栄養や水分を吸収するための「維管束」というものを持ちません。
そもそも根がありません。

苔類は体全体で栄養も水分も吸収します。
根のようなものが付いていますが、それは土壌や岩上にくっつくためだけの目的である「仮根」というもの。

他の植物とは生態がずいぶんと異なります。
そんな苔の特徴を利用することで、なんと「消臭効果」が期待できるんだそう。

所さんの目がテン!ではそれを実験していました。
タバコに火をつけて、「何もない箱」「苔を入れた箱」「観葉植物を入れた箱」の3つを用意。
もっとも早く空気が正常化したのが、「苔を入れた箱」でした。

ちなみにタバコだけではなく、焼肉でも同様の実験を実施。
やはり苔が入った箱の方が早く臭いが消えるという結果になりました↓
苔の持つ消臭効果(グラフ)

苔は食べれる?最もおいしい苔の食べ方とは

さらに番組では苔を食べてみよう、という実験も。
苔には「毒性のあるもの」が未だ見つかっていません。
ということで、現時点では苔は何を食べても毒に当たる、ということはないようです。

今回、料理に使われたのは「ジャゴケ」というもの↓
ジャゴケ
出典:http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/syokubutsu/koke/jagoke3/index.html

山林や日陰地などで自生しています。
日本全土どこでもよく見かける体類の苔。
ゼニゴケよりやや大型で表面はザラザラしています。
とにかく丈夫な苔で、湿った庭などに蔓延り、何度剥がしてもまた再生する強い苔です。

ゼニゴケ同様に「嫌われ者の苔」代表のような存在。

なんでも、ジャゴケは「マツタケ」と同じ香り成分「マツタケオールケイ皮酸メチル」が含まれるんだそうです。
ジャゴケにはマツタケと同じ香り成分が含まれる

実際のところ・・・
ジャゴケの香り

らしいです( *´艸`)

食べるとちょっと苦みがあるみたい

ジャゴケを湯がいて食べると、シャキシャキとした食感があるようです。
ただ、後味に若干の苦みがあるとか。

試行錯誤の結果、「おいしい!」となった料理はこの2つ↓
ジャゴケのおいしい食べ方

ジャゴケの酢の物と、ジャゴケチップ。

ジャゴケはおいしい

見た目にはワカメっぽいですね・・・。
ちょっと興味があります・・・(;゚д゚)ゴクリ

所さんも食べました

番組では所さんもこの「ジャゴケの酢の物」と「ジャゴケチップス」を食べました。

まずは「ジャゴケの酢の物」から・・・
ジャゴケの酢の物

ワカメの酢の物と見た目はそっくり!

ジャゴケの酢の物を食べた所さんの反応

意外です!

そしてお次はジャゴケチップス↓
ジャゴケチップス

見た目は海苔っぽいですが・・・

ジャゴケチップスは海苔っぽい

味ものりっぽいらしいです(笑)

気になる苔の栄養素は?

ジャゴケの栄養素

今回使ったジャゴケの栄養素はこんな感じ。
中でも「葉緑素」はコレステロールを下げる効果や、抗酸化作用があるとのこと。
でも、これらはわざわざ苔から取らなくてて緑黄色野菜からでも摂取できるみたいです。

苔を食べるときの注意点とは?

苔を食べるときの注意点

苔を食べる際は微生物が付いている場合などがあるのでしっかり洗って熱湯消毒をしてください
だそうです。

ぜひ、上記を守って苔の新しい世界を楽しんでみたいです( *´艸`)