まるで緑の花!「オオカサゴケ」の採取と育て方・増やし方

見た目はまるで花のような形
本当に苔?と思いたくなるほど、苔のイメージとはかけ離れた姿をしているのが「オオカサゴケ」です。

苔テラリウムでは高さのある苔なので、景観作りに欠かせないものとなっています。
天然のオオカサゴケにはなかなかお目にかかれないほど希少性が高まり、近縁種である「カサゴケモドキ」は環境省の絶滅危惧Ⅱ種に登録されました。

そんな希少性の高いオオカサゴケについて詳しく説明します。

オオカサゴケを学術的に説明すると

オオカサゴケの全体像
生体分類はハリガネゴケ科カサゴケ属オオカサゴケ。
茎の下部分が土に埋もれた「地下茎」になることが特徴で、地中から直立茎を伸ばして立ち上がります。

茎の長さは6~8㎝程度。
葉の長さは1~2㎝程度。

葉の色味は比較的濃い目の緑ですが、葉が薄くやや透き通っています。

乾燥すると、傘を閉じたように葉を閉じて縮れます。

分布する場所

分布する場所
日陰地の山の斜面や、腐葉土が溜まったような場所に見られます。
高い空中湿度を好み、乾燥には極端に弱いのが特徴です。
湿潤した場所を場所を好むため、渓流沿いや水が滴るような斜面に生えることも多いです。

生育が遅く、湿潤状態を保たなければいけないので、庭のグランドカバーには不向きだと言えます。

採取方法

オオカサゴケの採取方法
地下茎で増えるため、地下茎ごと増やしたい場所に移植するのが◎。
環境が合えば梅雨明け時期頃より新芽が活発に増えるものの、乾燥や日当たりなどの条件により育たないケースも少なくないです。

採取したオオカサゴケはその地下茎についている土ごと日陰地で湿潤環境を維持できる場所を選んで植え付けします。
横に走る地下茎は近くに生えるオオカサゴケと繋がっていることが多いため、広い範囲で深めに採取することがポイントです。

スポンサードリンク

育て方

オオカサゴケの育て方
とにかく乾燥に弱い苔であるため、常に湿っているような環境を用意することをおすすめします。
紫外線にも弱いため、日陰~半日陰がベスト。

鉢植えの場合にはこまめに水を与え、土が乾かないのを目安にします。
苔テラリウムで蓋付き容器で育てる場合にはそんなに神経質になる必要はないですが、窓際に置くとあっという間にムレで死んでしまうこともあるので、部屋の真ん中など直接日差しが当たらない場所を選んでおきます。

暑い時期には瓶の中がムレてしまうので、玄関、トイレなど涼しい場所に置きましょう。

増やし方

オオカサゴケの増やし方
地下茎で増えるのですが、生育は遅めです。
ただし、新芽が出てからの成長は早くなります。

基本的には地下茎をカットして移植する株分けのような方法で増やすのが簡単です。
撒きゴケでも増えるという記述を目にしますが、個人的には撒き苔法で増やせた経験がありません。
(環境に合わなかったという理由かもしれませんが)

朔柄を付けることは稀です。

管理人が偏見と独断で選ぶ、オオカサゴケの最もオススメの利用法は

オオカサゴケの鑑賞方法
これはたぶん、満場一致で苔テラリウムではないでしょうか。
見た目の美しさを最大限に楽しむことができます。
さらに、乾燥に極端に弱く手のかかるオオカサゴケですが、苔テラリウムとして蓋付きの瓶に入れてしまうと驚くほどその元気を維持できます。

大き目のテラリウム容器で生育していると、オオカサゴケの新芽から新たなオオカサゴケの成長を見られることもしばしばです。

高湿度を好むため、水中化もよく試みられますし成功率も高め。
ただし、水中化により生育が活発になるこということはなく、大体において葉が小さくなるというのが多いようです。
半透明の葉を水中化して楽しむのも美しいですが、苔のダメージを考えるとやはり苔テラリウムがベストと考えます。

なかなか自然の中ではお目にかかれないオオカサゴケですが、もし出会った暁にはその美しさを存分に楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

繊細な細い葉が美しい「ユミゴケ」の採取と育て方・増やし方

明るい陽射しの下に群生していると、「え?こんなところに芝生?」と思えてしまうほど、葉がすっと細く美しいユミゴケ。
よく見ると、葉は茎から細い葉が体を弓のようにしならせて生えています。
少量を背の低い苔と寄せ植えして楽しむもよし、ユミゴケだけを密生させて芝生のようなテラリウムを楽しむもよし。

扱いさえ慣れれば、様々な場面で多用できるユミゴケについてまとめます。

ユミゴケを学術的に説明すると

生体分類はシッポゴケ科ユミゴケ属ユミゴケ。
実はシッポゴケ科の苔になります。

特徴はふんわりとた柔らかい手触り。
葉は乾燥すると体を弓のように曲げて、抜けやすくなります。

この抜け落ちた葉からもまた繁殖します。

分布する場所

ユミゴケが分布する場所
日本では本州、四国、九州に分布します。
正解的には中国、ロシア、インド、ネパール、ヨーロッパ、北アメリカなどで自生を確認されています。

比較的日差しの多い、明るい場所を好みます。
ただし乾燥が過ぎると葉が大きく湾曲し、ポロポロと落ちてしまいますので、定着する場所はよく考える必要があります。
木の下、木漏れ日が当たるような場所が好ましいです。

採取方法

住宅地や街中では見かけません。
森林公園や林の中などの比較的日の当たる場所に群生していることが多いです。
傾斜地の上側なども日が当たるためかよく見かける場所です。

採取時には、密に生えている仮根ごと採取します。
ユミゴケは葉が外れやすいという特徴があるため、なるべく単体でビニール袋に入れ、空気を入れるなどして葉に刺激が加わらないようにして移動するとダメージが少ないようです。

育て方

ユミゴケを植える土
比較的乾燥を好む苔のため、土台には川砂と赤玉土、ピートモスなどを混ぜて作ります。(すべて同量でOK)
庭苔にする場合には日の当たる場所に採取したマットを張っていきます。

川砂で軽く目土入れし、張ってから2~4週間ほど水をたっぷり与えるようにすると定着が早まりました。

増やし方

ユミゴケの増やし方
取れた葉を撒く、乾燥させたユミゴケを撒くなどの撒き苔で、環境が合えば繁殖します。
ただし、自生環境のようにコロニー形成するには時間がかかる場合が多いようです。

庭苔として繁殖させたい場合は、採取したものか購入したものを張り苔法で増やしていくのがいいと思います。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ユミゴケの最もオススメの利用法は

ユミゴケのキレイな見せ方
ふんわり柔らかな絹のような手触りを楽しみたいのであれば、オープンな容器で室内管理がおすすめです。
盆栽の下苔にしても深い緑がキレイです。

庭苔にする場合は、鮮やかな苔であるため鑑賞しやすい場所の部分植えがキレイだと思います。

ユミゴケのふんわり感は見ているだけて癒されるもの。
ぜひ、触れて眺めて楽しんでみてくださいね。

不気味?嫌い?本当はすごい「ジャゴケ」の採取と育て方・増やし方

大きく平べったい葉。
蛇のうろこのような模様。
ザラザラとした手触り―。(||゚Д゚)ヒィィィ!

その容姿故に長年、人から忌み嫌われてきたジャゴケ。
裏庭などジメジメと湿った場所に蔓延ることで、「気持ち悪い」と言われ続けてきました。

でも、そんな嫌われモノのジャゴケにはジャゴケ特有の素敵な特徴があるってご存知でしたか?
今日は嫌われモノのジャゴケについて詳しくまとめたいと思います。

ジャゴケを学術的に説明すると

ジャゴケの画像
生体分類はゼニゴケ目ジャゴケ科ジャゴケ属ジャゴケ。
また苔は大きく蘚類、タイ類、ツノ苔類の3つ分けられますが、ジャゴケはこのうちのタイ類に属します。

和名である「蛇苔(ジャゴケ)」は見た目が蛇のうろこのように見えることから名づけられました。

葉はおおよそ楕円形になるものが多く、その大きさは大きいものだと10㎝以上になります。
ゼニゴケと比較しても、ジャゴケの方が大型です。

雌雄異体であり、繁殖は雄は雄器托、雌は雌器托を葉状体の先端に作ります。
特徴的なのはジャゴケは無性芽を付けません。
ヒメジャゴケは無性芽をつけますが、ジャゴケは雄器托と雌器托による繁殖になります。

分布する場所

ジャゴケが分布する場所
ジャゴケは日本全土に分布します。
世界的には東アジア~北半球まで存在します。

半日陰~日陰を好み、湿った場所によく繁殖します。
山中では水の流れる水流の側や、腐植土の覆った傾斜地などでよく見られます。
強い自生力を持ち、日の当たらない民家の裏庭などでもよく育ちます。

採取方法

ジャゴケ採取の方法
葉が重なり合うように広がりますので、マットを剥がすように採取します。
乾燥を嫌うため、自生している場所の腐植土ごと採取すると傷みにくいです。

葉の裏には蜘蛛の糸を集めたような白い仮根が密に生えています↓
ジャゴケ採取の方法
出典:http://www.ice.or.jp/cnts/media/h17ken/kaiha17/h16rika/seibutu/kokes034.htm
これを無理にはがすと茶色く変色することもあります。

育て方

直射日光の当たらない、涼しくて湿気の多い場所に移植して育てます。
平たい葉であるため、テラリウム化するにはやや場所を取るため、工夫が必要です。

こまめに水分を与え、葉がテカテカとツヤがある状態が元気なしるしです。

土台は排水性と保水性を兼ね備えたピートモスと赤玉土の混合がおすすめです。(7:3程度)
蒸れと乾燥に弱いので、夏の暑い時期には涼しい時間帯にたっぷりと水を上げるようにします。

増やし方

クレヨンの先のような形をした雌器托が秋頃に形成されます↓
ジャゴケの雌器托
出典:Wikipedia
それが2~3月頃から長い柄を伸ばし、エノキダケのような形状になります。
この傘の内側に胞子嚢をつけます。

これが裂けて胞子が飛び出し、雄器托で受精します。
雄器托↓
ジャゴケの雄器托
出典:Wikipedia
このような一連の受精の流れにより繁殖するため、マキゴケなどで増やすことはできません。
一度にたくさん増やしたい場合には、移植法がもっとも適していると言えます。

ジャゴケはマツタケのような香りがします

ジャゴケはマツタケの香り
見た目で敬遠する人も多いジャゴケですが、実はその香りはとてもすがすがしいです。
よくマツタケや松脂の香りに例えられます。

森の香り、サイプレスの香りにも似ています。
身近なものでいうと、少しヴェポラップに近いかもしれません。

スーッとした心地よい香りです。

もし、ジャゴケを見つけたらぜひ葉の先端をちぎって香りを嗅いでみてください。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ジャゴケの最もオススメの利用法は

mosscoさん(@moss_mossco)がシェアした投稿


これはかなり悩みましたが・・・一番ぴったりきたのが、オープンな容器で育てるテラリウムかなと思います。
ジャゴケ特有の肌の感じ、触感、香り・・・全部楽しむためにはオープンな容器で育てるのがベストです。

また大量になってしまうと、嫌悪感を抱く方も少なくないと思いますので、庭植えなどには不向きかもしれません。
ヘビ柄のバッグ、的なほんの少しだけ取り入れるところにジャゴケの面白さが際立つのではないでしょうか。

ぜひ先入観を捨てて、ジャゴケを楽しんでみてくださいね♡

コケ女子の人気No1!タマゴケ採取と育て方・増やし方

苔の中でも1、2を争うカワイイ苔
そのキュートすぎる姿は、最近話題の苔女子からも絶大な人気―。
それが「タマゴケ」です。

人気の秘密はまるで風船のように丸く、透明感のある朔
2月頃から関東平野部ではかわいらしいタマゴケの朔を目にすることができるようになります。
(山間部や寒い地域では3~4月頃から)

タマゴケを学術的に説明すると

コロニーは主に半円状

生体分類はタマゴケ目タマゴケ科タマゴケ属タマゴケ
日本を含む東アジア、シベリア、ヨーロッパ、北アメリカなどに分布します。

葉の見た目はスギゴケに似ていますが、色は若草色~黄緑色でスギゴケよりも淡く、葉も柔らかです。

成熟した状態で、全長が4~5㎝程の中型の苔です。
直立か斜めに立ち上がります。
茎は枝分かれしません。

茶色の仮根を密につけるのが特徴の一つです↓
タマゴケの茶色の仮根

最も特徴的なのはやはり「」。
関東平野部であれば2月中旬頃より、朔が見られます↓
タマゴケの朔
出典:苔(コケ、こけ)の通販:苔の販売専門店【モスファーム】

未熟な状態では、朔はまだ尖った形状をしていますが、やがて透明感を帯びた黄緑色の朔になります。
熟すと色は茶色へと変色していきます。

分布する場所

タマゴケの生育環境2
主に湿り気を帯びた岩上、腐植土の溜まった崖上などにコロニーを作ります。

コロニーは主に半円状↓
タマゴケの生育環境

水がちょろちょろと流れるような湿った場所を好むものもありますが、半日陰でやや乾燥気味でも自生することがあります。
乾燥気味の場所で自生する場合には、生育は遅いことがほとんどです。

採取方法

タマゴケの採取方法
コロニーになっている場合、その形を崩さずそのまま採取する方法がおすすめです。
柔らかな茶色の仮根が茎よりも長く、密に生えています。
採取時はこの茶色の仮根部分も一緒に採取します。

ただし、この部分にコバエが住み着いていることが多いため、仮根はしっかりと流水で洗い流すことをおすすめします。

水性の殺虫剤を少量、ビニール袋内側に吹きかけたものに採取した苔を入れて、丸一日置いておくと、苔へのダメージを最小限に、殺虫することができます↓
管理人が愛用している殺虫剤

栽培方法

タマゴケを植える土
湿った環境を好むため、土は保水性の高いピートモスと赤玉土を7:3の割合で混ぜたものがおすすめです。
他には樹皮培養土や、ケト土単体でも、環境が合えば問題なく生育します。

ハイドロボールでも育つことはできますが、オープンな容器で育てる場合には、乾燥がネックになります。
その場合には毎日、こまめに霧吹きで水分を与える必要があります。

苔テラリウムにする場合には、口の狭い瓶がおすすめです。

育て方・増やし方

直射日光は好まないため、室内であれば、窓際ではなく室内中央の方が安心です。
庭への植え付けでは木の下など、日陰~半日陰の場所にします。

植え付け直後はしっかりと水分を与え、環境に馴染むまでは乾燥に注意しながら育てましょう。

増やす場合にはコロニーの一部を増やしたい場所に植え付ける方法(移植法)がおすすめ。
生育へ決して遅い方ではないですが(苔の中では)、環境が合わない、または乾燥している場所の場合、その生育が緩慢になることが多いです。

管理人が偏見と独断で選ぶ、タマゴケの最もオススメの利用法は

タマゴケの鑑賞方法
タマゴケの朔を身近に感じることができる、苔盆栽、苔テラリウムなどがおすすめ。
風船のように丸く膨らんだタマゴケの朔は、タマゴケが元気に育っている証拠でもあります。

鮮やかな色合いのタマゴケは他の苔との寄せ植えにもぴったり。

デスクやテーブルなどに置いて、ぜひタマゴケを通して四季の移ろいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

個性的!ネズミノオゴケの採取と育て方・増やし方

その名の通りまるで「ネズミのシッポ」に見える苔、ネズミノオゴケ
個人的にはちょっと青虫にも似てるかな?って思ったりします(笑)

雨などの水滴が伝う岩上などに好んで生殖し、水分をたくさん含むとやや透明感を帯びて美しく輝きます。
葉先が揃わず、それぞれ好き勝手な方向を向いている様は本当にいたずらっこのねずみの尻尾を思わせます。

そんな魅力的な苔「ネズミのオゴケ」について詳しくまとめていきます。

ネズミノオゴケを学術的に説明すると

アオギヌゴケ科ネズミノオゴケ属ネズミノオゴケ。
アオギヌゴケ科には他にヒツジゴケなどもあり、茎は横に這うように伸び、そこに不規則に分枝して細く長い葉をつけるのが特徴です。

分布する場所

日本全土に分布。
世界的には東アジアからロシア、ヨーロッパ、北アメリカ(アラスカでも!)で自然繁殖を確認することができています。

生育環境

ネズミノオゴケの生育環境
出典:http://had0.big.ous.ac.jp/

割と広く分布する苔ではありますが、生育環境はけっこう決まっています。
都会などアスファルトの多い場所ではあまり見かけません

人里に近い岩垣、石灰質の岸壁など。
日陰~半日蔭を好み、直射日光を嫌います。
高湿度の環境で良く育ちます。

採取方法

ネズミノオゴケの生育環境
出典:http://www.rva.jp/plants/koke/nezumi_goke.htm

採取場所は平坦な土壌ではなく、岩肌や崖など水の伝うような場所を探します。
気に入った場所があれば、その場所にマット状に広がっていきます。

壁などでは下向きに成長をするため、上の方からこそぎ取るように採取するとキレイにマット状のまま剥がすことができます。
横に茎が張っているので、上に持ち上げてしまうと茎から葉がちぎれてしまいます。

剥がしヘラやスクレイパーのようなものを使って、仮根から剥がしとるように採取すると苔へのダメージが少ないです。

栽培方法

出来れば土壌の上にフラットに並べるよりも、傾斜のある場所にケト土などを敷いてそこに貼りつけると自生に近い形で生育させることができます。
図鑑によっては日向を好むとするものもありますが、個人的には山間の奥など日陰地でマット形成をしているのをよく見かけるため、育てるにはあまり日の当たらない環境の方がよいのではないかと思っています。

保水性のよい土壌、または石灰質の岩で、傾斜のある場所を好んで自生しています。
なるべく採取環境に近い場所を用意するとマット形成も順調に生育します。

育て方・増やし方

高湿気な環境を好むため、テラリウムであれば口の狭い容器や蓋つきがおすすめです。
庭植えの場合には木の下など日が直接当たらない場所に貼り苔をする方法がおすすめです。

ただし、群生すると動物の毛・・・というかガチャピン・ムックの「ムック」っぽく見えます。
庭植えの場合には部分的にネズミノオゴケを生育する方が全体に使うよりも映えると思います。

増やす場合、ネズミノオゴケに適した環境であれば比較的早いスピードでマット形成していきます。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ネズミノオゴケの最もオススメの利用法は

ネズミのオゴケの苔玉
出典:http://livedoor.blogimg.jp/kokedamaya/imgs/5/1/5145110f.jpg

苔玉か苔テラリウムがかわいいです( *´艸`)
特に苔玉は数年経って馴染んでくる頃にとても鮮やかな緑を見せてくれるようになります。

ネズミノオゴケは葉の長さが2~4㎝ほど。
ちょうど苔の表面を葉が下向きに垂れ下がり、動物のお尻のような雰囲気になります。

苔テラリウムに使う場合は、アクセント使用がおすすめ。
個性が強い苔なので、全体に使用してしまうとインパクトが強すぎて他の苔の影が薄くなってしまいます。

バランスを考えて上手に配置するとキレイに見せることができます。

苔テラリウムの場合にも石の上などにテグス等で固定すると雰囲気があります。
時期になると、赤い茎を伸ばして朔を付けるネズミノオゴケ。

その姿もとても美しいです。
ぜひその姿を楽しんでみてください。