タイヤ+苔で空気を浄化!GOOD YEAR発、最新コンセプトタイヤが斬新。

タイヤ+苔で空気を浄化!GOOD YEAR発、最新コンセプトタイヤが斬新。 海外苔ニュース

2018年、ジュネーブで開かれた国際モーターショーに展示された世界的タイヤメーカー「GOODYEAR(グッドイヤー)」のコンセプトタイヤがこちら↓

タイヤのサイドウォール内の緑色の物体、これは全て「苔」です。その名も「オキシジェン」!!

しかもただ、苔を飾っているだけではなく、この苔を使って空気を浄化するんだそう。

GOOD YEARは公式サイトで

「オキシジェン」では、独自のトレッドを通して路面から水分を吸収、また、空気中の二酸化炭素を取り込み、サイドウォールに生息させた苔の光合成を促すことで酸素を放出します。
約250万台の車両が保有されるパリと同規模の都市では、これにより年間約3,000トンの酸素を生成し、年間4,000トン以上の二酸化炭素を吸収することになります。

引用:GOOD YEAR公式サイト

とのこと。

↑GOOD YEARの公式チャンネル
すごくカッコいいです・・・!

苔の空気の浄化作用は以前より話題になることが多いですよね。苔は樹木や他の植物と比較すると空気中の汚れを浄化する作用が高いと言われています。

4m×3mの苔で、樹木275本分の浄化作用を発揮するという「CityTree」なんかがその代表的な存在。

コケの力で都市の空気を浄化する「CityTree」 - bouncy / バウンシー
はっきりと目に見えにくいため、つい忘れがちな都市部の大気汚染問題。しかし、確実に都市の空気は汚れてきており、2050年までに世界の人口80パーセントの人がその影響を受けるだろうといわれている。

今後、GOOD YEARのような大きな企業が苔を主役にしたエコロジー関連アイテムがどんどん増えてくるんじゃないかなーって思います。

苔大好きな私としては、苔のスゴイところが多くの人の知ってもらえるのが素直に嬉しいです。

Twitterの反応は?

国内でのツイートは残念ながらなかったので海外のツイートをご紹介します。

うーん。紹介系のツイートの他は「革新的だけど実用面で微妙では?」という意見も。

 

mossco
mossco

実用化されるかどうかは・・・不明ですが、こんな苔タイヤが世界中を走っていたら素敵だろうなーと思いご紹介しました。

苔の未来は無限大。

世の中の色んなところに苔が活用される未来は楽しそうです。乱獲が起きなければ、ですが。

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました