苔テラリウムに自分だけの世界観を作る~フィギュア選びのコツ~

シンプルに苔だけを楽しむ苔テラリウムでもいいけれど、
もしそれが自分だけの世界観がたくさん詰まったものになったら―。
眺めているだけでわくわくできると思いませんか?

小さな小瓶の中に入れられた苔は広がる草原にも芝生にも山にも模することができます。
素敵な景観が作れたらそこに小さな住人を入れてみましょう。

今日は苔テラリウムに入れるフイギュア選びのちょっとしたコツと、私が出会った素敵な住人をご紹介したいと思います♡

苔テラリウムに入れるフィギュアの原則

苔テラリウム内は基本高湿度。
これを踏まえて、苔テラリウムに入れるフィギュア選びに考慮してほしい原則をまとめます。

カビにくい素材でできている

苔テラリウムに入れるフィギュアの素材
木や革細工で作られたものを苔テラリウムに入れるとあっという間にカビが生えます。

どうしても入れたい場合は、防カビ効果のある塗料を塗ってからにしましょう。
ただし、革製品の場合は防カビ剤を使うと手触りや風合いが変わってしまうものもあるので要注意。
目立たない場所で試してみてから全体に塗ることをおすすめします。

防カビ剤を塗布したからといって、テラリウム内に入れっぱなしはできません。
週に1回はテラリウムから出して、乾燥させる必要があります。

ちなみに

・プラスチック
・透明樹脂(アクリル・ポリカーボネート等)
・ガラス

などで作られたものはカビにくいです。
ただ、表面に緑色の藻が出来てくることがあります。
その場合には素材により煮沸するか、エタノールなどで拭き取ると藻の発生頻度が抑えられます。

大きさは?

苔テラリウムに入れるフィギュアの大きさは?
基本的には自由ですが、手のひらサイズの瓶に苔テラリウムを作る場合には2cm程度のものだと自然です。
瓶のサイズに合わせたり、他のフィギュアとの対比(人対動物など)でサイズを選ぶと不自然になりにくいです。

また、苔をフィギュアで覆う面積が大きすぎると苔が光合成をできず枯れてしまうことがあります。
小さなフィギュアであっても1ヵ月に1回は置き場所を変えてあげるといいかもしれません。

基本的にはこの2つさえ意識していただければ、苔テラリウムにフィギュアを入れることでのトラブルは避けられると思います。

スポンサードリンク

私が出会った苔テラリウムの新しい住人「KONETA」

KONETA
まるで生きているような豊かな表情。
触れたら柔らかさを感じそうな立体感。
一目で大好きになった子―。

それが「KONETA」です。

KONETAはとあるクリエイターさんのオリジナル作品

立体作家「オグラシン」さんの作品
creemapinkoiといったクリエイターさんが作品を販売しているサイトをご存知ですか?
※リンクをクリックするとKONETAの商品ページが見られます

面白くて独創性のあるデザインのものが多く、購入者としてよく利用するサイトの一つなのですが、KONETAはそこで出会いました。

KONETAの生みの親は「オグラシン」さんという方。
立体作家さんとして活躍されています。

今回苔テラリウム用に小さいサイズをオーダーしたら快くOKしてくれたジェントルマンです( *´艸`)

お願いしたのは2ポーズ。
苔の上に置いてみたらやっぱりすごくかわいかったです♡
苔の上に置いたKONETA

KONETAは「不器用な妖精」です

KONETAは不器用な妖精
作品紹介に書かれていたものをご紹介しますね。

KONETAはシャイな妖精です
人間の世界にあこがれて
人間のいないときをねらってときどき現れます

KONETAは不器用です
失敗ばかりです
それでもまたこの世界に現れます

KONETAはまた今日も現れました
あいかわらず失敗ばかりです
それでもこの世界が好きで
またこっそり現れるのです

楽しい自分だけの世界観を!

主にドイツのフィギュアメーカー「プライザー」のフィギュアだけで苔テラリウムの住人を用意してきましたが、今後はもっとたくさんのフィギュアにチャレンジしてみたいなと思っています。

このサイトでは私が出会った魅力的なフィギュアを惜しむことなくご紹介したいと思います。
気になった方はぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

まるで屋久島?!隠れスポットな苔の森歩きを楽しみませんか?

出典:山遊び塾yoiyoi

苔の人気が高まり、全国各所で様々な苔イベントが開かれるようになりましたね。
苔好きの私達にとっては嬉しい限り。

とはいえ、ひっそりと苔を愛でる私としてはこれまで苔イベントに参加したことはありません。
楽しそうだなぁと思いつつ、人見知り故になかなか皆で苔!という風にはならないのですが・・・。

ただ今回、サイト宛に届いた一通のメールにとても素敵な場所での苔イベントのご紹介があり、当サイトでもお伝えしたくなりました。

ということで、その苔イベントについてご紹介させて頂きますね。

奈良県にある川上村ってご存知ですか?

奈良県川上村
奈良県南東部に位置する村で、人口はおよそ1,313人(平成27年時点)。
元々林業が盛んで、吉野杉を育てて生計を立てていた時代が長くあります。

紀淡海峡に注ぐ全長194kmの吉野川の源流に位置する村で、美しい水で潤った森が多くの面積を占めています。

森に水。
手つかずの自然。
まさに苔が喜ぶようなスポットです。

そんな川上村では定期的に苔歩き(こけあるき)というイベントを開催しています。

まるで屋久島。そんな感想を抱かせる森ってどんなところ?

奈良県川上村
出典:川上村公式サイト
こちらは川上村にある「下多古村有林」。
樹齢400年の杉が立ち並ぶ中、一面に苔生す地面。

2016年4月に日本遺産に認定されたこの場所は、まさに苔の森というのにふさわしいのではないでしょうか?

樹齢400年以上と言われる杉
出典:川上村公式サイト
樹齢400年以上、「歴史の証人」と言われる大木・・・圧巻です。

川上村の苔歩きどんなことをするの?

川上村の苔歩き
出典:山遊び塾yoiyoi
川上村の苔歩きは主に土日に開催されます。
行先は2種類。
「最奥の古道」か「万葉の道」。
最奥の古道では主に原生林の中を歩きながら苔を観察し、万葉の道では収集した苔で自分だけの苔テラリウムを作ることができます。

原生林、とありますが、険しい山道ではないとのこと。
体力に自信がない方でも大丈夫だそうです(小学生から可)。
どちらも7名と少人数制なのも個人的にはおすすめしたい点です。

苔歩きの一日のスケジュールは?

苔歩きの一日のスケジュールは?
出典:山遊び塾yoiyoi
受付開始:9時30分
ツアー開始:10時
ツアー解散:最奥の古道→15時、万葉の道→14時

大体3~4時間になります。
ちなみに費用はお1人8,000円
保険代や昼食代、写真代などが含まれます。
※詳しくは山遊び塾yoiyoiでご確認ください。

アクティブなイベントもあるみたい

ケイビング
出典:山遊び塾yoiyoi
鍾乳洞や自然洞窟のある川上村ではケイビングなどのイベントも定期的に行っている模様。
危険なイメージのケイビングですが、5歳から参加可能。

カヤックも↓
カヤック
出典:山遊び塾yoiyoi
カヤックは4歳からOK。
流れのない湖で行うので安全性が高いようです。

まとめ

奈良県川上村の苔イベントをメインにお伝えしました。
普段とは違う場所で、また違った表情をした苔をたくさん見ることができるのも苔イベントの魅力です。

普段の散歩道とは違う苔と出会いたくなったらぜひ参加してみませんか?

 

まるで緑の花!「オオカサゴケ」の採取と育て方・増やし方

見た目はまるで花のような形
本当に苔?と思いたくなるほど、苔のイメージとはかけ離れた姿をしているのが「オオカサゴケ」です。

苔テラリウムでは高さのある苔なので、景観作りに欠かせないものとなっています。
天然のオオカサゴケにはなかなかお目にかかれないほど希少性が高まり、近縁種である「カサゴケモドキ」は環境省の絶滅危惧Ⅱ種に登録されました。

そんな希少性の高いオオカサゴケについて詳しく説明します。

オオカサゴケを学術的に説明すると

オオカサゴケの全体像
生体分類はハリガネゴケ科カサゴケ属オオカサゴケ。
茎の下部分が土に埋もれた「地下茎」になることが特徴で、地中から直立茎を伸ばして立ち上がります。

茎の長さは6~8㎝程度。
葉の長さは1~2㎝程度。

葉の色味は比較的濃い目の緑ですが、葉が薄くやや透き通っています。

乾燥すると、傘を閉じたように葉を閉じて縮れます。

分布する場所

分布する場所
日陰地の山の斜面や、腐葉土が溜まったような場所に見られます。
高い空中湿度を好み、乾燥には極端に弱いのが特徴です。
湿潤した場所を場所を好むため、渓流沿いや水が滴るような斜面に生えることも多いです。

生育が遅く、湿潤状態を保たなければいけないので、庭のグランドカバーには不向きだと言えます。

採取方法

オオカサゴケの採取方法
地下茎で増えるため、地下茎ごと増やしたい場所に移植するのが◎。
環境が合えば梅雨明け時期頃より新芽が活発に増えるものの、乾燥や日当たりなどの条件により育たないケースも少なくないです。

採取したオオカサゴケはその地下茎についている土ごと日陰地で湿潤環境を維持できる場所を選んで植え付けします。
横に走る地下茎は近くに生えるオオカサゴケと繋がっていることが多いため、広い範囲で深めに採取することがポイントです。

育て方

オオカサゴケの育て方
とにかく乾燥に弱い苔であるため、常に湿っているような環境を用意することをおすすめします。
紫外線にも弱いため、日陰~半日陰がベスト。

鉢植えの場合にはこまめに水を与え、土が乾かないのを目安にします。
苔テラリウムで蓋付き容器で育てる場合にはそんなに神経質になる必要はないですが、窓際に置くとあっという間にムレで死んでしまうこともあるので、部屋の真ん中など直接日差しが当たらない場所を選んでおきます。

暑い時期には瓶の中がムレてしまうので、玄関、トイレなど涼しい場所に置きましょう。

増やし方

オオカサゴケの増やし方
地下茎で増えるのですが、生育は遅めです。
ただし、新芽が出てからの成長は早くなります。

基本的には地下茎をカットして移植する株分けのような方法で増やすのが簡単です。
撒きゴケでも増えるという記述を目にしますが、個人的には撒き苔法で増やせた経験がありません。
(環境に合わなかったという理由かもしれませんが)

朔柄を付けることは稀です。

管理人が偏見と独断で選ぶ、オオカサゴケの最もオススメの利用法は

オオカサゴケの鑑賞方法
これはたぶん、満場一致で苔テラリウムではないでしょうか。
見た目の美しさを最大限に楽しむことができます。
さらに、乾燥に極端に弱く手のかかるオオカサゴケですが、苔テラリウムとして蓋付きの瓶に入れてしまうと驚くほどその元気を維持できます。

大き目のテラリウム容器で生育していると、オオカサゴケの新芽から新たなオオカサゴケの成長を見られることもしばしばです。

高湿度を好むため、水中化もよく試みられますし成功率も高め。
ただし、水中化により生育が活発になるこということはなく、大体において葉が小さくなるというのが多いようです。
半透明の葉を水中化して楽しむのも美しいですが、苔のダメージを考えるとやはり苔テラリウムがベストと考えます。

なかなか自然の中ではお目にかかれないオオカサゴケですが、もし出会った暁にはその美しさを存分に楽しんでくださいね!

苔の魅せる四季はのんびり♪苔の1年を知ろう

いつも美しい緑を見せてくれる苔ですが、
この苔も一年を通してちゃんと変化があるのをご存知ですか?

花や草、木のようにハッキリと分かりやすい変化ではないのですが、毎日見ていればちゃんと気が付くことができる美しい命の営みがそこにはあります。

ここでは苔の1年をまとめてみました。

冬 12月~2月

苔の冬
ほとんどの苔は雪に覆われてしまう季節。
水分の多い苔は霜が降る時期に凍りつくこともあります。

雪が降らない場所でなら、寒さにより苔が赤茶色に変色していくのが見られることも。
スギゴケやスナゴケでは特に顕著に赤く変色していきます。

この時期は生育はストップ
コロニー形成はおろか、苔自体の伸びも止まります。

他の植物にも共通していることですが、冬は苔にとっても「休息の季節」だと言えます。
でも、一つ苔が他の植物と違う点があるとすれば、それは「枯れない」ということ。

凍っても、寒風に晒されて赤茶色に変色しても、一切の水を与えられず葉がくるくるに縮んでも苔は死んではいません。
眠っているだけです。

水を上げなかったシッポゴケ
上記は乾燥したシッポゴケ。
完全に茶色く変色した部分はやがて、地に落ちるとそこから無性芽が伸びてきます。

撒き苔法はこの方法を応用したものです。

春 3~6月

苔の春
苔は2月の下旬~3月にかけて秋頃から伸び始めていた朔柄の先端が膨らみ始めます。
いわゆる朔、胞子体の部分。
この中には苔の胞子がたくさん作られています。

この朔が特徴的なのはタマゴケ。

寒い時期にはまだスッととんがっているだけの朔が次第に丸くなり、次第に風船のような形状に変化していきます。
さらに成熟が進むと玉の中心から茶色く変色していきます。

最後にはこの朔が破れて胞子体が放出されるように。
冬のタマゴケ
真冬のタマゴケ↑
見えにくいですが、細筆のような朔がたくさんついています。
タマゴケの朔アート
タマゴケの朔アート
3月。タマゴケの朔が丸く膨らみました↑
この時期、こんなアートを楽しめます( *´艸`)
タマゴケの成熟が進む
タマゴケの成熟が進み、「目玉の親父」状態に↑
さらに成熟が進むと、朔全体が茶色く変化し、やがて破れます。

朔から胞子が放出され風に乗って繁殖します。

これと同時進行で行われるのが新しい造精器と造卵器の成長。
苔は雌雄異種。

雄植物と雌植物の配偶体に、それぞれ造精器と造卵器を作り、5月~6月に受精が行われます。
結果、胞子体が出来て、朔柄が伸び、胞子散布に繋がるのです。

夏 7月~9月

苔の夏
適した環境にある苔にとって、夏は生育時期になります。
適度な水分と光合成により一年で一番成長が進む時期になります。

ただし、強すぎる日差しや蒸れは苔にとって大敵。
長時間の蒸れは苔にとって乾燥や凍結よりもダメージが大きいです。

最悪の場合、黒く変色したり溶けたような状態となり、丈夫な苔でも死んでしまうこともあります。
一番の生育時期ですが、環境が合わない場合には苔にとって最も過酷な時期になることも。

秋 10~11月

苔の秋
秋には、受精した若い胞子体が造卵器の上で成長し始めます。
胞子はなるべく高いところからの散布が有利であるため、朔柄をどんどん伸ばしていきます。

この時期には朔柄の成長にエネルギーが使われるためか、苔のコロニー形成自体は少し緩やかになっていきます。
11月下旬頃には朔柄の形成は終了し、寒い冬が過ぎるのを待って朔の成熟が始まります。

苔には花も紅葉もないけれど

苔は小さくて、一見地味な植物かもしれません。

しかし、朔の美しさや面白さは他の植物では見られないもの。
また、苔の種類によってはその生育過程でまるで花が咲いたように見えるものもあります。

代表的なところで言えば、ウマスギゴケの雄花盤はまるで小さな花のようです↓
スギゴケの雄株

冬には赤茶色に変色したり、朔の色も多彩に変化する苔もあります。
小さくて見逃しやすい苔ですが、じっとその世界を見つめていると思わぬ発見が訪れます。

苔による四季の移ろいをぜひ、ご自身で感じてみませんか?

小さな森、苔テラリウムはガラスの容器だけ?容器選びのポイント

苔テラリウム。
湿気と太陽の光があれば、冬でも鮮やかな緑色で私たちの目を楽しませてくれる存在―。
庭植えの苔は雪に埋もれても、家の中に置いておけば、いつまでも美しい緑でいてくれる・・・。

のはずですが。

苔は家の中で育てる場合、容器選びによってその手間が大きく異なります。
一体どんな容器を選んだらいいのか。
容器ごとのメリットデメリットをまとめます。

蓋付きガラス容器

電球型の苔テラリウム
苔テラリウムと言えば、この「蓋付きガラス容器」が最もポピュラーだと思います。

森や芝生をイメージしてボトルの中に作られるテラリウムはまさに小さな森。
とはいえ、他にも透明で扱いやすい容器ってたくさんありますよね。
なのになぜ苔テラリウムに蓋付きガラスの容器が多用されるのでしょうか。

蓋付きガラス容器のメリット

蓋付きガラス容器のメリット

お手入れが簡単

蓋付きのガラス容器は一定の湿度を維持できます。
ボトル内では苔や土が水分を蒸散させ、それをまた土と苔が吸収します。
この循環がボトル内で起こることで、2週間~4週間も水分を与えずとも苔は元気に生育することができるのです。

さらに経験上、プラスチック容器はとても結露しやすかったです。
素材による熱伝導の差だと思いますが、その点ガラスの容器は外気と内部の温度差が起こりにくく、結露が発生しにくくなります。

透明度が高くテラリウム向き

ガラスの種類にもよりますが、プラスチックと比べると透明度が高く、鑑賞に向いています。

インテリア性が高い

プラスチックでもおしゃれな容器はありますが、多くの場合ガラス容器の方がインテリア性が高くスマートな雰囲気に仕上がります。(個人的な感想かもしれませんが^^;)

蓋付きガラス容器のデメリット

蓋付きガラス容器のデメリット

苔を触れない

オープンな容器と違い、蓋付きガラス容器の場合は、基本的には苔を触るのには向かないと思います。
苔の柔らかな手触りを楽しみたい方には向かないかもしれません。

苔の臭いを楽しめない

苔の多くはほんのりと土の香りがあります。
ジャゴケだと、なんとマツタケや松脂のような香りを楽しむことができます。

オープンな容器に入れておけば、ふと顔を近づけた際にその香りを楽しむことができますが、蓋付きの容器だとわざわざ蓋を開けて、くんくんと臭いを嗅がない限り分かりません。

破損の恐れがある

ガラスという性質上、仕方のない部分ではあります。
苔テラリウムはピンセットを使って精巧に作ることが多いですが、うっかり落としてしまうとせっかくの精巧な苔テラリウムが一瞬にして損なわれてしまうことに。

蓋なしオープンな容器のメリット

蓋なしオープン容器のメリット
それでは次に「蓋なしのオープンな容器」のメリットについてまとめます。
蓋なしのオープンな容器というのは、鉢やお皿、ガラス容器であっても口の口径が広いものなどを指します。

苔に触れる、嗅ぐことでより身近に感じられる

オープンな容器であればいつでも触れ、臭いを嗅ぐことができます。
蓋付きのガラス容器に入れてる時よりも、ずっと苔の小さな変化に気が付くことができるでしょう。

苔の成長を早めることができる

これまで苔を生育してきた経験上、苔はガラス容器に入れて生育する場合に比べ、オープンな容器で生育させた方が成長が早まります。
ほふく性のある苔は容器を超えてさらにほふくする姿を見せる場合も。
また、屋外の場合には無性芽が容器外に飛び、容器の周りにも苔が生えてくることもあります。
「苔むす感」を体感できるのはやはりオープンな容器や苔庭ならではですね。

蓋なしオープンな容器のデメリット

蓋なしオープン容器のデメリット

お手入れがやや大変

空気が乾燥していると多くの苔は葉が丸く縮れせっかくの美しい葉の色も茶色く変色したり、ツヤが失われてしまったりします。
庭苔であれば、それも自然の姿として受け止め、雨を待つことができるかもしれませんが、家の中での鑑賞用の場合、できるだけキレイな状態をキープしたいと思います。

この場合には、毎日たっぷりと葉と土台を湿られてあげる必要があるのです。
根から水分を吸いあげる種子植物と違い、苔の場合には土台だけ湿っていても、葉が縮れてしまうことがあります。
葉にも土台にもたっぷりと水分を上げる必要があります。

乾燥シーズンや暖房、エアコンなどを使う場合には一日に何度も霧吹きで水をかけてあげることもしばしばです。
(寒い場所に置くと葉の乾燥を遅らせることができます)

オープン容器で2~3日水を水をあげなかったタマゴケ(´・ω・`)↓
水を上げなかったタマゴケ

窓辺に1週間置いたカモジゴケ(´・ω・`)↓
水を上げなかったシッポゴケ

以上のことから、我が家の苔テラリウムのほとんどは蓋付きガラス容器で育てられています。
これなら、他の植物よりもずっと手が掛からずにその緑と成長を楽しむことができます。

ガラスなら何でもいいの?ガラス容器の選ぶコツ

100均で買える苔テラリウム向きのガラス瓶

苔テラリウムを始める際に、「どんなガラス容器にしたらいいか?」というご質問を良く頂きます。
ここでは苔テラリウムに向いているガラス容器・向いていないガラス容器についてまとめます。

無色透明がベスト

ガラス容器と言っても、透明度や着色の有無によって、向き不向きがあります。

茶色い遮光瓶の場合には、光を通さず苔は成長できません。
さらにせっかくの苔の緑が眺められないのも残念です。

ガラス容器は無色透明を基本とし、色がついていたとしてもわずかに水色程度のものを選ぶといいです。

口径がある程度広いものが作りやすい

苔にとっては口径が狭い方が、例え蓋を開けている場合でも内部の湿度が維持されやすく生育環境に向いていると言えます。
しかし、口径の狭いボトルでは、苔テラリウムを作るのも、メンテナンスする場合にも難易度が上がります。

専用の細いピンセットやハサミの用意が必要です。
苔テラリウムのビギナーさんなら、まずはある程度口径の広いものを選ぶとよいでしょう。
目安としては、口径が最低4㎝あると作業がしやすいです。

薄いガラスの方が結露しにくい

牛乳瓶のように厚みのあるガラスは外気と内部の温度差が生じやすく結露ができやすくなります。
そのため、できるだけ厚みの薄いガラスを選ぶようにするといいでしょう。

デザイン上、厚手のガラスを選ぶ際には結露を防止するために、
・寒い時期には暖かい室内の中央に設置する
・水やりの回数を減らす

などして様子をみてください。

苔テラリウム容器のまとめ

苔テラリウムのまとめ
いかがでしたでしょうか。
苔テラリウムはある程度のルールさえ守ればほとんどお手入れ要らずでいつまでも美しい葉を見せてくれます。
季節によっては朔を付けたり、胞子を飛ばしたりと「苔ならではの季節感」を楽しむことができるのも魅力です。

どんな容器でそれを楽しむのかを考えるのもまた楽しみの一つ。
私は100均の容器もよく使いますし、リサイクルガラスで苔テラリウムを楽しむのも大好きです。

テラリウム=テラリウム容器という概念を捨て、自分だけのオリジナル苔テラリウムを楽しんでみてはいかがでしょう。
丈夫でタフな苔だからこそ、自由にその世界観を楽しんでみてください♡