まるで星屑・・・!スナゴケの採取方法と育て方・増やし方

スナゴケ 苔図鑑

とにかくキュートな見た目のスナゴケ。
スナゴケを上から見ると、まるで小さな星屑がたくさん集まったみたいに見えます。

繊細な容姿でありながら、実はかなりタフな特徴も持つスナゴケはハイゴケ同様に苔ビギナーさんにおすすめの苔なんです。

スナゴケを学術的に説明すると

生態分類はキボウシゴケ科 シモフリゴケ属 エゾスナゴケ ・スナゴケ。
学名はRacomitrium japonicum。

分布する場所

日本では北海道から九州まで広く分布します。
沖縄にも流通はしていますが、自然分布という点でははっきりと確認できていないようです。

生育環境

直射日光にも、積雪にも強いスナゴケは比較的どんな環境にも適応します。
砂質の土や、岩、石垣などでも良く育ちます。

湿気が強い場所よりは、比較的乾燥した場所を好む性質があります。
全く日が当たらないような場所での自然生育は難しいです。

直射日光には強いですが、蒸れには弱いため夏場の水やりには注意が必要です。
なるべく涼しい時間にたっぷりと与えるのがコツです。

採取方法

スナゴケ
スナゴケは岩や石垣などの上に群生します。
仮根はあまり作らないため、採取は簡単です。

ヘラのような道具を使えば、より簡単に採取できます。

採取場所はスナゴケが好む、日当たりのよい場所にします。
夜露は朝露が当たるような場所を好むため、林や森の中よりはもっと身近な場所を探すと良いでしょう。

【注意】苔の違法採取はしないように注意しましょう。
苔の採取は必ず地権者の許可を取った上で行ってください。

栽培方法

庭園材としてよく使われています。
また、直射日光に強いため屋上緑化用の苔としても人気です。

苔テラリウム
出典:http://roomclip.jp/

容姿の可愛らしさから苔盆景や、苔玉、テラリウムなどにも人気です。
ただし、湿度の高いところは苦手なため、アクアリウムではうまく育たないケースが多いようです。

育て方・増やし方

夏の暑さにも、強い日差しにも、冬の寒さ、寒風にも強いタフなスナゴケ。
乾燥にも強いので長い間水やりを忘れてもけっこう問題なく育ちます。

ただし、強い湿潤環境にはなじまないため、過剰に水分を与えたり、水持ちが良すぎる用土はNG。
川砂とケト土なら半々の分量でちょうどよいです。

他にも水はけが良くなる素材として、赤玉土や軽石などを利用してもよいでしょう。

毎日の水やりは必要ありません。
苔玉なら乾燥して軽くなった時、鉢植えであれば表面が乾燥したと思った時にたっぷりと与えます。

なるべく朝夕など涼しい時間に与えるようにします。

増やす場合には「まき苔」が効果的です。
スナゴケを完全に乾燥させてから、強い手で揉み粉砕します。
これを川砂の上に薄く撒き、半日蔭で適度に風通しの良い場所に置きます。

スポンサードリンク

毎日の水やりは必要なく、週に1回ほどで十分です。

似てる?スナゴケとスギゴケの判別方法

スナゴケとスギゴケの違い
苔ビギナーさんの中にはスナゴケとスギゴケの判別に苦労される方も多いです。
ここではスナゴケとスギゴケの判別方法について説明します。

大きさが違う

スナゴケは茎の長さが大体3㎝前後にしかなりませんが、スギゴケは5㎝~20㎝にもなる大型の苔です。
成長した苔であれば、大きさでも判別できるようになります。

色が違う

スナゴケは黄緑色の明るい色味であるのに対して、スギゴケは深い緑色になります。

硬さが違う

スナゴケは触れた際に柔らかいですが、スギゴケはチクチクと硬いです。
特に茎の部分は硬く、針のように丈夫です。

生育環境が違う

スナゴケが日当たりのよい岩場や石垣など乾燥した場所を好むのに対して、スギゴケは湿潤環境を好みます。
湿った地上や腐植土が多い急斜面などに群生することが多いです。

管理人が偏見と独断で選ぶ、スナゴケの最もオススメの利用法は

苔テラリウム
出典: www.instagram.com(@shonan_t_site)

ズバリ、テラリウムです!
平たくて、空気に触れやすいガラス容器などで生育すると蒸れも起こしにくいです。

単体でも苔の寄せ植えでもOK。
黄緑色の星屑感を最も楽しめるのはテラリウムがぴったりだと思います( *´艸`)

スポンサードリンク