繊細な細い葉が美しい「ユミゴケ」の採取と育て方・増やし方

明るい陽射しの下に群生していると、「え?こんなところに芝生?」と思えてしまうほど、葉がすっと細く美しいユミゴケ。
よく見ると、葉は茎から細い葉が体を弓のようにしならせて生えています。
少量を背の低い苔と寄せ植えして楽しむもよし、ユミゴケだけを密生させて芝生のようなテラリウムを楽しむもよし。

扱いさえ慣れれば、様々な場面で多用できるユミゴケについてまとめます。

ユミゴケを学術的に説明すると

生体分類はシッポゴケ科ユミゴケ属ユミゴケ。
実はシッポゴケ科の苔になります。

特徴はふんわりとた柔らかい手触り。
葉は乾燥すると体を弓のように曲げて、抜けやすくなります。

この抜け落ちた葉からもまた繁殖します。

分布する場所

ユミゴケが分布する場所
日本では本州、四国、九州に分布します。
正解的には中国、ロシア、インド、ネパール、ヨーロッパ、北アメリカなどで自生を確認されています。

比較的日差しの多い、明るい場所を好みます。
ただし乾燥が過ぎると葉が大きく湾曲し、ポロポロと落ちてしまいますので、定着する場所はよく考える必要があります。
木の下、木漏れ日が当たるような場所が好ましいです。

採取方法

住宅地や街中では見かけません。
森林公園や林の中などの比較的日の当たる場所に群生していることが多いです。
傾斜地の上側なども日が当たるためかよく見かける場所です。

採取時には、密に生えている仮根ごと採取します。
ユミゴケは葉が外れやすいという特徴があるため、なるべく単体でビニール袋に入れ、空気を入れるなどして葉に刺激が加わらないようにして移動するとダメージが少ないようです。

スポンサードリンク

育て方

ユミゴケを植える土
比較的乾燥を好む苔のため、土台には川砂と赤玉土、ピートモスなどを混ぜて作ります。(すべて同量でOK)
庭苔にする場合には日の当たる場所に採取したマットを張っていきます。

川砂で軽く目土入れし、張ってから2~4週間ほど水をたっぷり与えるようにすると定着が早まりました。

増やし方

ユミゴケの増やし方
取れた葉を撒く、乾燥させたユミゴケを撒くなどの撒き苔で、環境が合えば繁殖します。
ただし、自生環境のようにコロニー形成するには時間がかかる場合が多いようです。

庭苔として繁殖させたい場合は、採取したものか購入したものを張り苔法で増やしていくのがいいと思います。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ユミゴケの最もオススメの利用法は

ユミゴケのキレイな見せ方
ふんわり柔らかな絹のような手触りを楽しみたいのであれば、オープンな容器で室内管理がおすすめです。
盆栽の下苔にしても深い緑がキレイです。

庭苔にする場合は、鮮やかな苔であるため鑑賞しやすい場所の部分植えがキレイだと思います。

ユミゴケのふんわり感は見ているだけて癒されるもの。
ぜひ、触れて眺めて楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

不気味?嫌い?本当はすごい「ジャゴケ」の採取と育て方・増やし方

大きく平べったい葉。
蛇のうろこのような模様。
ザラザラとした手触り―。(||゚Д゚)ヒィィィ!

その容姿故に長年、人から忌み嫌われてきたジャゴケ。
裏庭などジメジメと湿った場所に蔓延ることで、「気持ち悪い」と言われ続けてきました。

でも、そんな嫌われモノのジャゴケにはジャゴケ特有の素敵な特徴があるってご存知でしたか?
今日は嫌われモノのジャゴケについて詳しくまとめたいと思います。

ジャゴケを学術的に説明すると

ジャゴケの画像
生体分類はゼニゴケ目ジャゴケ科ジャゴケ属ジャゴケ。
また苔は大きく蘚類、タイ類、ツノ苔類の3つ分けられますが、ジャゴケはこのうちのタイ類に属します。

和名である「蛇苔(ジャゴケ)」は見た目が蛇のうろこのように見えることから名づけられました。

葉はおおよそ楕円形になるものが多く、その大きさは大きいものだと10㎝以上になります。
ゼニゴケと比較しても、ジャゴケの方が大型です。

雌雄異体であり、繁殖は雄は雄器托、雌は雌器托を葉状体の先端に作ります。
特徴的なのはジャゴケは無性芽を付けません。
ヒメジャゴケは無性芽をつけますが、ジャゴケは雄器托と雌器托による繁殖になります。

分布する場所

ジャゴケが分布する場所
ジャゴケは日本全土に分布します。
世界的には東アジア~北半球まで存在します。

半日陰~日陰を好み、湿った場所によく繁殖します。
山中では水の流れる水流の側や、腐植土の覆った傾斜地などでよく見られます。
強い自生力を持ち、日の当たらない民家の裏庭などでもよく育ちます。

採取方法

ジャゴケ採取の方法
葉が重なり合うように広がりますので、マットを剥がすように採取します。
乾燥を嫌うため、自生している場所の腐植土ごと採取すると傷みにくいです。

葉の裏には蜘蛛の糸を集めたような白い仮根が密に生えています↓
ジャゴケ採取の方法
出典:http://www.ice.or.jp/cnts/media/h17ken/kaiha17/h16rika/seibutu/kokes034.htm
これを無理にはがすと茶色く変色することもあります。

育て方

直射日光の当たらない、涼しくて湿気の多い場所に移植して育てます。
平たい葉であるため、テラリウム化するにはやや場所を取るため、工夫が必要です。

こまめに水分を与え、葉がテカテカとツヤがある状態が元気なしるしです。

土台は排水性と保水性を兼ね備えたピートモスと赤玉土の混合がおすすめです。(7:3程度)
蒸れと乾燥に弱いので、夏の暑い時期には涼しい時間帯にたっぷりと水を上げるようにします。

増やし方

クレヨンの先のような形をした雌器托が秋頃に形成されます↓
ジャゴケの雌器托
出典:Wikipedia
それが2~3月頃から長い柄を伸ばし、エノキダケのような形状になります。
この傘の内側に胞子嚢をつけます。

これが裂けて胞子が飛び出し、雄器托で受精します。
雄器托↓
ジャゴケの雄器托
出典:Wikipedia
このような一連の受精の流れにより繁殖するため、マキゴケなどで増やすことはできません。
一度にたくさん増やしたい場合には、移植法がもっとも適していると言えます。

ジャゴケはマツタケのような香りがします

ジャゴケはマツタケの香り
見た目で敬遠する人も多いジャゴケですが、実はその香りはとてもすがすがしいです。
よくマツタケや松脂の香りに例えられます。

森の香り、サイプレスの香りにも似ています。
身近なものでいうと、少しヴェポラップに近いかもしれません。

スーッとした心地よい香りです。

もし、ジャゴケを見つけたらぜひ葉の先端をちぎって香りを嗅いでみてください。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ジャゴケの最もオススメの利用法は

mosscoさん(@moss_mossco)がシェアした投稿


これはかなり悩みましたが・・・一番ぴったりきたのが、オープンな容器で育てるテラリウムかなと思います。
ジャゴケ特有の肌の感じ、触感、香り・・・全部楽しむためにはオープンな容器で育てるのがベストです。

また大量になってしまうと、嫌悪感を抱く方も少なくないと思いますので、庭植えなどには不向きかもしれません。
ヘビ柄のバッグ、的なほんの少しだけ取り入れるところにジャゴケの面白さが際立つのではないでしょうか。

ぜひ先入観を捨てて、ジャゴケを楽しんでみてくださいね♡

希少!羽根のように美しい「ホウオウゴケ」の採取と育て方・増やし方

山間部の水辺や渓流沿い、水の滴る岩上などに自生するホウオウゴケ

名前の通り、透き通る美しい羽根のようなその姿はファンならば垂涎ものです。
ただし流通数は少なく、入手が困難なのが難点でもあります。

今日はそんな「ホウオウゴケ」についてまとめていきたいと思います。

ホウオウゴケを学術的に説明すると

ホウオウゴケ1
生体分類はシッポゴケ目ホウオウゴケ科ホウオウゴケ属ホウオウゴケ。
同じ属性にトサカホウオウゴケヒメホウオウゴケがあります。

長さは数センチから10cmほどになるやや大形のコケ。
茎を挟んで左右対称に葉がつきます。
葉はやや透明で、緑は濃い目のものが多いです。

乾燥に弱く、乾燥を感じると葉が黄色く変色します。

分布する場所

ホウオウゴケが分布する場所

分布は日本全土ですが、山間部の湿気の多い渓流沿いや、水が滴る岩上を好むためごく限られた場所にのみ自生しています。
販売されているものはおもにアクアリウムショップなどで若干の取り扱いがあります。

水中でも育つことができるため、アクアリウムの水草としての愛用者も多いです。
アクアリウムでは「ウォーターフェザー」の名前で親しまれています。

世界的には東アジア、東南アジア、フィジーなどで確認されています。

採取方法

ホウオウゴケの採取方法

自生しやすい水辺を探すか、山間の常に湿り気を帯びているような岩上や崖上を探すと見つけられます。
一種でコロニーを作っていることは珍しく、大体はハイゴケなどと混在しているため、探すのが容易ではありません。

崖上であれば、岩から少し葉先を浮かせて自生しているので、それを目印に探すといいでしょう。

仮根は短め。
採取は岩上からコロニーごと引き剥がすように移植ゴテなどを使用して採取します。

育て方

ホウオウゴケの育て方

多湿を好む種類のため、テラリウムであれば、口の狭いものか、蓋付きがおすすめ。
アクアリウムでも適応性が高く、炭や木などに活着させて水中化することも多いです。
水中化させる場合には二酸化炭素を添加すると活着しやすく、元気な状態を維持できます。

半日陰を好むものが多いため、直射日光は避け、霧吹きなどでまめに水分を与えるようにします。
高湿度を保て、環境に馴染めば長くその生育を楽しむことができます。

ただし、夏の高温により蒸れが生じると葉が黄色く変色してしまうこともあります。
30度以上の高温には晒さないように注意が必要です。

増やし方

ホウオウゴケの増やし方
基本的には自然繁殖を待ちますが、やや生育の遅い苔でもあります。
環境があれば移植法で増やすこともおすすめです。

大量に繁殖させて、苔庭などに使う場合にはかなり環境が限定されるため、難しい場合がほとんどです。

管理人が偏見と独断で選ぶ、ホウオウゴケの最もオススメの利用法は

ホウオウゴケの苔テラリウム
アクアリウム、または蓋付きの苔テラリウムとして楽しむのがおすすめです。

アクアリウムの場合、溶岩石などに輪ゴムを巻き付け、その間にホウオウゴケを挟んで水中化します。
二酸化炭素を添加することで、鮮やかなモスグリーンを楽しむことができます。

活着は比較的ゆっくりです。
新芽が出てきて、それが岩に活着することの方が多いように思います。

テラリウムで育てる場合には、高温と蒸れを避け、なるべくこまめに霧吹きで水を与えるようにしましょう。
葉が常に湿っているようにツヤツヤしている状態がベストです。

直射日光は与えず、室内管理の場合には部屋中央付近に置くようにします。
乾燥にも弱いので、風が直接当たらないように注意が必要です。

半透明の美しいグリーンが濡れて艶めく姿がとても美しいホウオウゴケ。
ぜひ、その美しさを身近で楽しんでみませんか?

コケ女子の人気No1!タマゴケ採取と育て方・増やし方

苔の中でも1、2を争うカワイイ苔
そのキュートすぎる姿は、最近話題の苔女子からも絶大な人気―。
それが「タマゴケ」です。

人気の秘密はまるで風船のように丸く、透明感のある朔
2月頃から関東平野部ではかわいらしいタマゴケの朔を目にすることができるようになります。
(山間部や寒い地域では3~4月頃から)

タマゴケを学術的に説明すると

コロニーは主に半円状

生体分類はタマゴケ目タマゴケ科タマゴケ属タマゴケ
日本を含む東アジア、シベリア、ヨーロッパ、北アメリカなどに分布します。

葉の見た目はスギゴケに似ていますが、色は若草色~黄緑色でスギゴケよりも淡く、葉も柔らかです。

成熟した状態で、全長が4~5㎝程の中型の苔です。
直立か斜めに立ち上がります。
茎は枝分かれしません。

茶色の仮根を密につけるのが特徴の一つです↓
タマゴケの茶色の仮根

最も特徴的なのはやはり「」。
関東平野部であれば2月中旬頃より、朔が見られます↓
タマゴケの朔
出典:苔(コケ、こけ)の通販:苔の販売専門店【モスファーム】

未熟な状態では、朔はまだ尖った形状をしていますが、やがて透明感を帯びた黄緑色の朔になります。
熟すと色は茶色へと変色していきます。

分布する場所

タマゴケの生育環境2
主に湿り気を帯びた岩上、腐植土の溜まった崖上などにコロニーを作ります。

コロニーは主に半円状↓
タマゴケの生育環境

水がちょろちょろと流れるような湿った場所を好むものもありますが、半日陰でやや乾燥気味でも自生することがあります。
乾燥気味の場所で自生する場合には、生育は遅いことがほとんどです。

採取方法

タマゴケの採取方法
コロニーになっている場合、その形を崩さずそのまま採取する方法がおすすめです。
柔らかな茶色の仮根が茎よりも長く、密に生えています。
採取時はこの茶色の仮根部分も一緒に採取します。

ただし、この部分にコバエが住み着いていることが多いため、仮根はしっかりと流水で洗い流すことをおすすめします。

水性の殺虫剤を少量、ビニール袋内側に吹きかけたものに採取した苔を入れて、丸一日置いておくと、苔へのダメージを最小限に、殺虫することができます↓
管理人が愛用している殺虫剤

栽培方法

タマゴケを植える土
湿った環境を好むため、土は保水性の高いピートモスと赤玉土を7:3の割合で混ぜたものがおすすめです。
他には樹皮培養土や、ケト土単体でも、環境が合えば問題なく生育します。

ハイドロボールでも育つことはできますが、オープンな容器で育てる場合には、乾燥がネックになります。
その場合には毎日、こまめに霧吹きで水分を与える必要があります。

苔テラリウムにする場合には、口の狭い瓶がおすすめです。

育て方・増やし方

直射日光は好まないため、室内であれば、窓際ではなく室内中央の方が安心です。
庭への植え付けでは木の下など、日陰~半日陰の場所にします。

植え付け直後はしっかりと水分を与え、環境に馴染むまでは乾燥に注意しながら育てましょう。

増やす場合にはコロニーの一部を増やしたい場所に植え付ける方法(移植法)がおすすめ。
生育へ決して遅い方ではないですが(苔の中では)、環境が合わない、または乾燥している場所の場合、その生育が緩慢になることが多いです。

管理人が偏見と独断で選ぶ、タマゴケの最もオススメの利用法は

タマゴケの鑑賞方法
タマゴケの朔を身近に感じることができる、苔盆栽、苔テラリウムなどがおすすめ。
風船のように丸く膨らんだタマゴケの朔は、タマゴケが元気に育っている証拠でもあります。

鮮やかな色合いのタマゴケは他の苔との寄せ植えにもぴったり。

デスクやテーブルなどに置いて、ぜひタマゴケを通して四季の移ろいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

苔アートを楽しもう~100均アイテムで魅せる苔の世界【作り方】

苔テラリウム、苔リウム、苔ボトル。
最近は、苔を使ったテラリウム系が人気です。

こちらのサイトでも苔を使ったテラリウムの作り方や作品をご紹介しています。
主にガラスの容器に入れて楽しむことが多い「苔テラリウム」。

確かに多湿を好む苔にとって口の狭い(または蓋のある)容器の中は生育するのに適しています。
とはいえ、丈夫な苔。

基本を押さえておけばどのような容器であっても育つことができます。

ここでは100均のアイテムを使って自由度の高い苔アートを楽しみたいと思います。

個性的な苔アートを楽しむ前に抑えておきたい3つのこと

どんなに個性的な苔アートを作ってもすぐに枯れてしまうのは悲しいですね。
そこで、個性的な苔アートを作る場合でも、必ずおさえておきたい3つのポイントをご紹介します。

湿度を保てる環境にする

湿度を維持する
口の狭い容器や蓋つきの容器は、高湿度を維持できます。
その分、水やりなどのお世話が少なくて済むという利点がありますが、必ずしもそういった環境でなくてはいけないというワケではありません。

オープンな環境で苔を育てることも全く問題ありません。
ただし、この時に気を付けていただきたいのは、定期的に湿度を与えられる環境を用意するということ。
霧吹きで与えるでも構いません。
苔がしっとりとした緑を保てる環境にしましょう。

気温差ができるだけないようにする

気温差ができるだけないようにする
例えばプラスチックの容器で苔を栽培しようと考えた場合、ガラスや陶器と違い、内部の温度が変動しやすいというデメリットがあります。
多くの苔は寒さ耐性はありますが、熱さと蒸れは苦手です。
湿度は必要でも、蒸れてしまうと腐る原因に。
プラスチックやブリキ缶など、気温により変動しやすい容器を使用する場合には室内の中央に置くなど、気温による変動が起こりにくい環境にしましょう。

適度に光を与える

適度な光を与える
色付きのボトルにすっぽりと収めてしまう場合、光不足により成長しなくなることがあります。
さらに、光不足が続くとそのまま腐ってしまうことも。

色付きのボトルに入れる場合には、口が大きく開いていてある程度光が差し込むような環境を用意するとOKです。

早速作ってみましょう

今回は100均のお店「セリア」の商品で苔アートを楽しんでみたいと思います。

用意したのはこちら↓
セリアで用意した苔アートの道具

セメントで作られています。
商品名は「ミニコンテナ」↓
ミニコンテナ
こちらは卵パックみたいな形状です。

ミニコンテナ
こちらは額のような形( *´艸`)
セリアはおしゃれな雑貨が多く、苔に限らずハンドメイドする方に人気のアイテムが入れ代わり立ち代り入荷されます。
新作も度々出るので、コストを掛けずに手軽に苔アートを作ってみたい方にはおすすめのShopです。

ちなみに土はこちらを使います↓
ハイドロボール
排水性・保水性の両方を兼ね備えているハイドロボール。
しかも衛生的なのでカビにくいという利点もあります。

もちろん、セリアで108円で購入しました。

まずは卵パック型から作ってみます

ハイドロボールを2/3の高さまで入れていきます↓
1

今回使う苔はこちらです↓
使う苔はスナゴケとハイゴケのコラボ
こちらはスナゴケとハイゴケが入り混じった状態の苔。
2月という季節柄、若干茶色っぽくなっていますが、温かくなるとキレイな緑になります。

容器の丸より少し大きめにカットしていきます↓
苔をカットする
大きさは目分量です。
ハサミでチョキチョキしていきます。

2つカットしました↓
2つ苔をカットする

ハイドロボールに霧吹きで水を与えておきます↓
ハイドロボールに水を与える

苔の裏にも水を吹きかけておきます↓
苔の裏面にも水を吹きかける
上から水をかけてもいいですが、先に濡らしておくと定着しやすいと感じています。

容器の上に置きます↓
苔を容器の上に置く

ピンセットを使って端っこを容器内に収めていく↓
苔をピンセットで容器に収めていく

二つとも同じように埋めたら、汚れをティッシュなどで拭き取ります↓
キレイにふきとる
苔とハイドロボールの間に空間があるようなら、手でぎゅっと押さえてもOKです。

上からもたっぷりと霧吹きで水を与えます↓
霧吹きで苔に水を与える
定着直後から1ヵ月くらいは毎日霧吹きで水を与えます。
ただし、寒い場所に置く場合には、苔の葉が乾燥してきたなと感じた時だけでOKです。

こんな感じになりました↓
苔アート完成
ぷっくりと膨らんだ苔の丘が愛らしいです。

ミニチュアを置いても楽しい↓
苔アートにミニチュアを置く
今回はミニチュアにしましたが、好きなものを乗せて楽しむのもいいかと思います。

もう一つ作ってみます↓
苔アート2
今度はこの「額」のようなミニコンテナで作ってみたいと思います。

空いている空間が多いので工夫が必要ですね↓
ミニコンテナ

まずはハイドロボールを入れていきます↓
ハイドロボールを入れる
上の穴からこぼれないように手で押さえながら入れていきます。
同じく2/3まで入れます。

長方形に苔をカットします↓
長方形に苔をカット
先ほど使用したのと同じ、スナゴケとハイゴケのコラボ苔を使用します。
苔の中でも特に丈夫な苔のペアなので、多少乱雑に扱っても簡単に枯れません(;’∀’)

上の部分に蓋をするように埋めていきます↓
苔を入れていく
ピンセットを使って丁寧に苔を枠に収めていきます。

ハイドロボールと苔の仮根の部分に水を与えます↓
霧吹きで水を与える

今回メインで使うのはタマゴケです↓
タマゴケを苔アートのメインに
そろそろ愛らしい丸い朔をつけてくれるタマゴケ。
こちらをメインで使いたいと思います。

適当な大きさにカットし、仮根部分に水を与えます↓
仮根部分に水を与える

ハイドロボールの隙間に埋め込むようにピンセットを差し込んでいきます↓
ピンセットで埋めていく
仮根の部分ハイドロボールの隙間に埋められるように、ピンセットで丁寧に押し込んでいきます。

形を整えて完成↓
苔アート2完成

ちょっと寂しいのでフェアリーをプラス↓
ミニチュアをプラスする
このミニコンテナを使うと2つの苔の成長を一つの小さな容器で楽しめるメリットがあります。

苔は必ずしもフラットな場所じゃなきゃいけないワケではないので、このように立てて楽しむこともできます。

水やりは霧吹きがメインです

立てて飾る場合、フラットな場所で育てる場合、いずれも霧吹きメインで水やりがオススメです。

腰水でもいいのですが、立てて育てる場合は不向きですし、水に浸からせすぎると腐る原因になる場合も。
霧吹きでシュッシュをメインに育ててみることをおすすめします。

苔アートのまとめ

苔は自由度の高い植物だと思います。
排水性と保水性さえ保てれば、ある程度の環境ならば馴染むことができる強い植物です。

そんな苔を使って、オリジナリティ溢れる魅力的な作品を作ってみませんか?