苔テラリウムを魅せる、美しき「ガラステラリウム(容器)」の世界。厳選10種

美しき「ガラステラリウム(容器)」厳選10種。 苔テラリウム
mossco
mossco

こんにちは、mossco(@moss_mossco)です。

苔テラリウムを作ろうと思ったら、まず用意しなくてはいけないのはテラリウムを入れるための容器ですよね。

最近は100均でもガラス容器が豊富だし、わざわざ買いに行かなくても家にあるジャム瓶やコップでも作れてしまいます。

コケモン
コケモン

その手軽さが苔テラリウムの良いところでもあるもす。

ですが、世界には驚くほど美しいテラリウム容器があるんです。

mossco
mossco

今回はmosscoが美しきガラステラリウムを厳選して10種類ご紹介します。
…そして最後にmosscoからちょっとした発表があります💦

テラリウム容器=ガラステラリウム です。

1.Sanctuary Rain forest

Sanctuary+M
出典:IPPINKA

南オーストラリアの企業「botanica.boutique」さんのオリジナルテラリウム容器です。

Sanctuary Rain forestは水を供給するのではなく、テラリウム内で発生した蒸気を集め、それが水滴となって植物に戻る仕組みとなっています。
Sanctuary+M
出典:botanica.boutique

土台は大理石、木材、コルク、コンクリートと選べます。ガラス部分はオープンタイプもあり、組み合わせることもできます。

2020年現在はさらにカラーバリエーションが増えていました。
また、ガラス部分を左右に動かすことで、気流が生まれる仕組みになっているなど、とにかく繊細なテラリウムガラスです。

コケモン
コケモン

サイズも色々とあるし、見た目もスタイリッシュで素敵だよね♡

「botanica」ブランドの中にはバイオドームなどたくさんの魅力的なアイテムが豊富にありました!

2.Bio dome

Biodome
出典:botanica.boutique

実はこちらは上記でご紹介した「Sanctuary Rain forest」と同じbotanica.boutiqueがデザインしたもの。

ドーム型のシンプルな形状ですが、上記の開口部から余分な水分を排出し、必要な二酸化炭素を取り込めるように工夫されています。

mossco
mossco

開口部が小さいので、乾燥を防ぎつつ、気流と光を取り入れてくれる美しく機能的なテラリウムガラスですね。

3.Lives Glass

livesglass
出典:behance.net

大きい砂時計のような形をしたガラステラリウム。
デザインをしたのはオーストラリア在住のデザイナー「Xindong (Jonathan) Che」さん。

上側が給水タンクになっていて、ここから水がたちり、たちりと落ちてきます。

また、下部には通気口が空いており、ここから二酸化炭素が供給されるようになっています↓
livesglass
出典:behance.net

密閉空間でも育つ苔なので、ここまでのシステムは必要ないかもしれませんが、水気の多い場所に生える苔には向いてそうです。

通気口があるので、苔テラリウムでしばしば問題になるガラス面の曇りも起きません。

2013年ドイツが主催する国際的なデザイン賞である「レッドドットデザイン賞」を受賞。

しかし残念ながらその後商品化されないままです。。

コケモン
コケモン

もう永遠に商品化されない気がしてますもす…

4.Wall Planters

Wall Planters
出典:APOLO

「Wall Planters」は壁に掛けるタイプのプランター。

全面がガラスに覆われているのかと思いきや、ガラス部分は半分まで。

お手入れしやすいですが、多湿で育てたい場合には不向きです。

コケモン
コケモン

あと…余計なお世話だけど、、霧吹きで水をかけると壁が汚れるので、壁とプランターの間に何かはさみたい…

5.Biome Flora Terrarium Merges Mobiles and Eco-Life

biome-flora-terrarium
出典:samuelwilkinson.com

テラリウム内の環境をスマホ(iPad)でコントロールできる最先端テラリウム。

ロンドン在住の「サミュエル・ウィルキンソン」さんのデザイン。
テラリウム内の環境は太陽光を再現した低エネルギーの照明があり、砂漠でも亜熱帯でもその植物に適した環境に調整することが可能なんだそう。

ちなみにこちらの商品化は…してません!

mossco
mossco

比較的丈夫な苔には不要なシステムですが、一度は試してみたい!と思えるデザインでした。

6.icosahedron Terrarium

icosahedron-terrarium
出典:mstetson.com

その名の通り「icosahedron(20面体)」のガラステラリウムケース。

三脚がついているので、どの角度からも楽しむことができます。

木製とガラスでできたシンプルさに、20面体という意外性がプラスされた斬新なデザインです。

mossco
mossco

木をつかったテラリウム容器、すきです。

7.DOMSAI

domsai
出典:offsomedesign

部屋に一つあるだけで楽しい気分にさせてくれそうなガラステラリウム「DOMSAI」。
「ドーム」と「盆栽」という言葉をくっつけた造語。

デザインしたのはイタリアのデザイナー「Matteo Cibic」。
背の高さは23~40cmと思ったより大きめ…と感じましたが、最大サイズは185cmのものも。

コケモン
コケモン

ヒトサイズだ。

かなり有名になった過去があますが、国内のAmazonでは販売していませんでした。
ebeyではちらほら出ているようです。

8.Zen lamp

marko-vuckovic-mosslamp-1496782491plc48
出典:design-inspiration

アメリカ・ニューヨーク在住のデザイナー「Marko Vuckovic」が考案したのがこの「Zen Lamp」。

この方、他にも植物とライトをモチーフにした流線形のデザインをいくつか考案されています。

mossco
mossco

「Zen」はたぶん「禅」だと。
苔に関するアイテムは日本っぽいネーミングが多いですね。

上記画像のように上からLEDライトで照らすものの他、下からライトアップするものも。
marko-vuckovic-mosslamp
出典:behance.net
marko-vuckovic-mosslamp
出典:behance.net

とても素敵なデザインですが、残念ながら商品化はされていません。
以前は彼の公式サイトでサイトデザインの設計図が無料でダウンロードできたようですが、現在は見かけません。

LEDとはいえ、長時間つけていれば多少熱を持ちますし、上部はオープンになっています。
苔の好む湿潤環境はちょっと作りにくいかもしれませんね。

コケモン
コケモン

きれいなんだけどねぇ。

9.Geometric Terrarium

Geometric Terrarium

出典:Amazon

最近、国内でもよく目にするようになってきたのがこの形状。
様々な多面体のガラステラリウムが販売されています。

製造は中国のガラスメーカー「Yinuo Glass Artwork」。
最近は日本のAmazonでも簡単に購入できるようになりました。

Instagramで次々と美しい作品をアップするマレーシアの「TerraLiving」さんが最近よく使っているガラステラリウムにも似ています。(※メーカーは特定できてません)

スポンサードリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

TerraLiving(@terraliving)がシェアした投稿

mossco
mossco

まだまだこのシリーズは増えそうですね♡

10.Glass Wood Display Box

glass-wood-display-box
出典:rusticreach.com

アンティーク感がかわいいこちらはアメリカで2018年にオープンした「Rustic Reach」というハンドメイドのお店のもの。

mossco
mossco

「ガラス×木×苔×光」があれば、最高の癒し空間になると、mosscoは常々思っています。

小さな温室みたいな雰囲気がとてもかわいいです。

ここのお店のアイテムはほとんどが自然由来の素材で作られています。
まだ認知度は低いようでレビューもほとんどありません。

これからもウォッチしていきたいお店の一つです。

【国産アイテム】Moss light

moss light
出典:Amazon

ここまで海外のガラステラリウムを10種類ご紹介してきましたが、最後に日本人がデザインしたものをご紹介しますね。

コケモン
コケモン

ご存知の方も多いと思います!

国内での苔のライトアップの第一人者とも言える「Mosslight(@mosslight1955)」さんのガラステラリウム。

光源との距離や形状、そして光は色温度は朝露を浴びた植物が朝日に照らされるときと同じ色温度5,000kなんだそう。

調光も可能、一日8時間のタイマーもついている、苔にとってとても過ごしやすい環境を保ちつつ、美しい照明としての役割も担う、苔好きさんには憧れのアイテムですよね。

mossco
mossco

いつかmoss lightデビューするよ!

最後に…mosscoから重大(?)発表

苔は自然に生えている姿も素敵ですが、スマートなガラステラリウムに入れるとまた違った美しさを感じることができます。

苔の魅力を最大限に引き出すガラステラリウムを探したり、時には自作するのもまた楽しみの一つ。

とはいえ、国内で販売されているガラステラリウムは決して多くなく、「とりあえずこれで…」みたいな選び方になっていませんか?

コケモン
コケモン

身の回りにある瓶に入れるのも楽しいんだけど…

もっとテラリウムケースを選べるようになったら楽しいのに―。
そんな思いからmosscoはテラリウムケースのお店を開こうと決めました。

そしてそして、
いつか、自分がデザインしたガラステラリウムでたくさんの人に苔を楽しんでほしいという最大の目標ができました。

mossco
mossco

目標の実現の第一歩としてここで宣言しました!

苔好きな皆様、mosscoの挑戦を暖かく見守ってくださるとうれしいです。

ふぅ、、緊張した…;( ;´꒳`;):

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました