苔テラリウムに自分だけの世界観を作る~フィギュア選びのコツ~

苔テラリウムに自分だけの世界観を作る~フィギュア選びのコツ~

シンプルに苔だけを楽しむ苔テラリウムでもいいけれど、
もしそれが自分だけの世界観がたくさん詰まったものになったら―。
眺めているだけでわくわくできると思いませんか?

小さな小瓶の中に入れられた苔は広がる草原にも芝生にも山にも模することができます。
素敵な景観が作れたらそこに小さな住人を入れてみましょう。

今日は苔テラリウムに入れるフイギュア選びのちょっとしたコツと、私が出会った素敵な住人をご紹介したいと思います♡

苔テラリウムに入れるフィギュアの原則

苔テラリウム内は基本高湿度。
これを踏まえて、苔テラリウムに入れるフィギュア選びに考慮してほしい原則をまとめます。

カビにくい素材でできている

苔テラリウムに入れるフィギュアの素材
木や革細工で作られたものを苔テラリウムに入れるとあっという間にカビが生えます。

どうしても入れたい場合は、防カビ効果のある塗料を塗ってからにしましょう。
ただし、革製品の場合は防カビ剤を使うと手触りや風合いが変わってしまうものもあるので要注意。
目立たない場所で試してみてから全体に塗ることをおすすめします。

防カビ剤を塗布したからといって、テラリウム内に入れっぱなしはできません。
週に1回はテラリウムから出して、乾燥させる必要があります。

ちなみに

・プラスチック
・透明樹脂(アクリル・ポリカーボネート等)
・ガラス

などで作られたものはカビにくいです。
ただ、表面に緑色の藻が出来てくることがあります。
その場合には素材により煮沸するか、エタノールなどで拭き取ると藻の発生頻度が抑えられます。

大きさは?

苔テラリウムに入れるフィギュアの大きさは?
基本的には自由ですが、手のひらサイズの瓶に苔テラリウムを作る場合には2cm程度のものだと自然です。
瓶のサイズに合わせたり、他のフィギュアとの対比(人対動物など)でサイズを選ぶと不自然になりにくいです。

また、苔をフィギュアで覆う面積が大きすぎると苔が光合成をできず枯れてしまうことがあります。
小さなフィギュアであっても1ヵ月に1回は置き場所を変えてあげるといいかもしれません。

基本的にはこの2つさえ意識していただければ、苔テラリウムにフィギュアを入れることでのトラブルは避けられると思います。

私が出会った苔テラリウムの新しい住人「KONETA」

KONETA
まるで生きているような豊かな表情。
触れたら柔らかさを感じそうな立体感。
一目で大好きになった子―。

それが「KONETA」です。

スポンサードリンク

KONETAはとあるクリエイターさんのオリジナル作品

立体作家「オグラシン」さんの作品
creemapinkoiといったクリエイターさんが作品を販売しているサイトをご存知ですか?
※リンクをクリックするとKONETAの商品ページが見られます

面白くて独創性のあるデザインのものが多く、購入者としてよく利用するサイトの一つなのですが、KONETAはそこで出会いました。

KONETAの生みの親は「オグラシン」さんという方。
立体作家さんとして活躍されています。

今回苔テラリウム用に小さいサイズをオーダーしたら快くOKしてくれたジェントルマンです( *´艸`)

お願いしたのは2ポーズ。
苔の上に置いてみたらやっぱりすごくかわいかったです♡
苔の上に置いたKONETA

KONETAは「不器用な妖精」です

KONETAは不器用な妖精
作品紹介に書かれていたものをご紹介しますね。

KONETAはシャイな妖精です
人間の世界にあこがれて
人間のいないときをねらってときどき現れます

KONETAは不器用です
失敗ばかりです
それでもまたこの世界に現れます

KONETAはまた今日も現れました
あいかわらず失敗ばかりです
それでもこの世界が好きで
またこっそり現れるのです

楽しい自分だけの世界観を!

主にドイツのフィギュアメーカー「プライザー」のフィギュアだけで苔テラリウムの住人を用意してきましたが、今後はもっとたくさんのフィギュアにチャレンジしてみたいなと思っています。

このサイトでは私が出会った魅力的なフィギュアを惜しむことなくご紹介したいと思います。
気になった方はぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク